メインメニューを開く
埼玉県知事公館(2012年)

埼玉県知事公館(さいたまけんちじこうかん)は、埼玉県さいたま市浦和区に所在する埼玉県の賓客接遇施設(ゲストハウス)である。埼玉県知事の公邸である埼玉県知事公舎(さいたまけんちじこうしゃ)を併設し、大野元裕知事が居住する(予定)。

概要編集

 
公館前の旧制浦和中学記念碑

さいたま市浦和区(旧浦和市常盤の旧制浦和中学校(現:埼玉県立浦和高等学校)の跡地に建つ。1937年昭和12年)に浦和中学が領家に移転し、その跡地は戦中は軍部隊の用地として使用、戦後は駐留軍の宿舎用地、駐留軍引き上げ後は埼玉県の地方公務員研修所などに使われた。1966年(昭和41年)に公務員研修所が消防学校と共に大宮市の埼玉県種鶏場(現・埼玉県農業技術研究センター)跡地へ移転し、その跡地に1967年(昭和42年)9月、現在の知事公館の館舎が建設され、公館の2階を埼玉国体に臨幸した昭和天皇香淳皇后の宿舎として使用された後、正式に使用開始となった。埼玉県庁の庁舎に大規模な会議室が設けられてないため、県庁内での重要な会議はこちらで行われる。市役所通りに面している。毎年埼玉県民の日には一般に内部が公開されている。なお、畑和は浦和市内(旧浦和市役所の東側)に自宅があったため、知事在任中は公舎を使用しなかった。

歴史編集

所在地編集

  • 埼玉県さいたま市浦和区常盤4丁目11−8

周辺施設編集

参考文献編集

  • わがまち浦和

外部リンク編集