メインメニューを開く

埼玉県道・茨城県道267号幸手境線

日本の埼玉県と茨城県の道路

埼玉県道・茨城県道267号幸手境線(さいたまけんどう・いばらきけんどう267ごう さってさかいせん)は、埼玉県幸手市から茨城県猿島郡五霞町を経て、茨城県猿島郡境町までを結ぶ一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
埼玉県道267号標識
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
茨城県道267号標識
埼玉県道267号幸手境線
茨城県道267号幸手境線
総延長 8.241 km
制定年 1959年10月14日
起点 埼玉県幸手市 北2丁目交差点
終点 茨城県猿島郡境町 塚崎地内
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0004.svg新4号国道
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
茨城県猿島郡五霞町内

目次

概要編集

途中の利根川が架けられておらず、河川敷内の区間が未供用、さらに茨城県猿島郡境町内の区間は通行不能になっているため、事実上は埼玉県幸手市と茨城県猿島郡五霞町とを結ぶ道路となっている。茨城県猿島郡五霞町内の交通の基幹道路であり、新4号国道から国道4号へ流入する車両や沿線の住宅からの通学者・工場への通勤者等で埼玉・茨城県境付近を中心に交通量は多いようである。全線にわたって歩道が未整備である。

なお、当路線においてはバイパス道路の整備が予定されており、茨城県側では五霞町原宿台地内において一部供用開始されている。2017年現在埼玉県側でも工事が始まり、埼玉・茨城県境を流れる中川には新上船渡橋(現在の上船渡橋の直近下流に架橋予定)として埼玉県によって架橋されることとなり、そのまま南下し幸手市権現堂地内の埼玉県道371号下吉羽幸手線に接続される。ちなみに、このバイパス計画においても利根川に架橋することは予定されておらず、「幸手境線」という名前とは裏腹に、この道路のみを通って埼玉県幸手市と茨城県猿島郡境町を行き来することは将来にわたって不可能であり、実質は埼玉県幸手市と茨城県五霞町間の路線となっている。

路線データ編集

  • 起点:埼玉県幸手市(北2丁目交差点 = 国道4号交点)
  • 終点:茨城県猿島郡境町(塚崎地内 = 国道354号交点)[1]
  • 総延長:8.241 km(埼玉県区間:0.785 km、茨城県区間:7.456 km[2]
  • 重用延長:*.* km(埼玉県区間:*.* km、茨城県区間:0.079 km[2]
  • 未供用延長:0.869 km(埼玉県区間:*.* km、茨城県区間:0.869 km[2]
  • 実延長:*.* km(埼玉県区間:*.* km、茨城県区間:6.508 km[2]
  • 自動車交通不能区間延長[注釈 1]:1.070 km(埼玉県区間:*.* km、茨城県区間:1.070 km[2]

歴史編集

1959年昭和34年)10月14日、新たな県道として埼玉県北葛飾郡幸手町を起点とし、茨城県猿島郡境町を終点とする区間を本路線とする県道幸手境線として茨城県が県道路線認定した1995年平成7年)に整理番号267となり現在に至る。

年表編集

  • 1959年昭和34年)10月14日
    • 現在の路線が路線認定される(図面対象番号248)[3]
    • 茨城県内の道路区域は、県界猿島郡五霞村大字冬木から猿島郡境町大字塚崎の主要地方道古河岩井線(現、国道354号)交点までと決定された[1]
  • 1995年平成7年)3月30日:茨城県区間において、整理番号が整理番号304から現在の番号(整理番号267)に変更される[4]
  • 2000年(平成12年)12月25日:猿島郡五霞町大字元栗橋にてバイパスの一部区間(395m)を指定し、供用開始する[5]
  • 2002年(平成14年)4月1日:猿島郡五霞町大字元栗橋の区間が、通行する車両の最大重量限度25トンの道路に指定される[6]

交差する主な道路編集

沿道の施設等編集

埼玉県幸手市及び茨城県五霞町
埼玉県
幸手市
茨城県
五霞町

交差する河川編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。

出典編集

参考文献編集

  • 茨城県土木部『『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在』(レポート)、茨城県、12頁。

関連項目編集