メインメニューを開く

埼玉県道128号熊谷羽生線

日本の埼玉県の道路

埼玉県道128号熊谷羽生線(さいたまけんどう128ごう くまがやはにゅうせん)は、埼玉県熊谷市筑波の国道17号埼玉県道91号熊谷停車場線との交差点を起点とし、羽生市中央の埼玉県道60号羽生外野栗橋線埼玉県道413号羽生停車場線との交差点を終点とする県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
埼玉県道128号標識
埼玉県道128号熊谷羽生線
路線延長 14,777m
起点 熊谷市 筑波交差点
終点 羽生市 羽生駅入口東交差点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0017.svg国道17号
Japanese National Route Sign 0125.svg国道125号
Japanese National Route Sign 0122.svg国道122号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
行田市荒木付近
羽生市上新郷地区

起点・終点・実延長編集

概要編集

国道125号行田バイパスと並行している。起点は熊谷市筑波交差点であるが、のちに筑波交差点 - 末広交差点間が主要地方道の埼玉県道83号熊谷館林線の新道に当てられて重複となり、番号の若い埼玉県道83号熊谷館林線を優先し、「83」単独表記となっている。ちなみに、都市計画道路上のこの区間は熊谷羽生線に相当する3.3.4 熊谷谷郷線になっている。なお、その埼玉県道83号熊谷館林線との分岐点である末広交差点は市道3本も交わって6叉路となっており、信号機には珍しい斜めの矢印表示がある。なお、2019年上期中には熊谷館林線の更なる新道が別途整備され、それに伴い再び当該区間が熊谷羽生線単独となる見通しである。

熊谷市街においては歩道が整備されていなかったり、渋滞が激しいため対面4車線化事業およびバイパス建設事業を展開中である。行田市内においては大型車両が通れない狭い区間があるため、対面2車線化事業を展開中である。

別線編集

2018年(平成30年)春から夏にかけて、旧国道125号の熊谷市佐谷田北交差点から加須市志多見交差点までの間、及び国道122号の志多見交差点から羽生市下岩瀬交差点までの間が熊谷羽生線として追加指定された(国道125号区間は指定解除の上で熊谷羽生線単独区間化、国道122号区間は重複)[2][3][4][5](従来のルートは埼玉県道303号弥藤吾行田線と複雑に交差する熊谷市と行田市の市境付近での市道移管を含めた調整は行われているものの、全体的には熊谷羽生線として指定維持されている)。これにより、熊谷羽生線は、国道125号行田バイパスの南北を挟む形で並行するそれぞれ独立した2ルートの路線となり、従来のルートでは通過する事のなかった加須市内を経由することとなった[6]

熊谷市街の新道編集

上之土地区画整備事業の一貫として熊谷市主体で、都市計画道路「熊谷谷郷線」として整備を進めている。なお、この道路は、ラグビーワールドカップ2019に向け、後述の弥藤吾行田線新道と一体化し、混雑する現在の県道熊谷館林線に代わる熊谷スポーツ文化公園への新しいアクセスルートとなる。

2019年4月13日13時30分より開通記念式典を都市計画道路第2北大通線との交差部にて同線と共同で実施の後、14時00分に全区間が開通となった[7][8]

  • 末広交差点から熊谷市道第2北大通り交点(点字図書館(北)交差点)付近までを対面4車線化(将来的な計画)。
  • バイパス(新道)を建設し、点字図書館(北)交差点から国道17号熊谷バイパス・国道125号行田バイパスとの交点(上之(南)交差点)まで接続。
  • 上之(南)交差点から行田バイパス(対面4車線で開通済み)と1kmほど重複し、そこから北方向に新道(対面2車線)を建設し、池上で現道と交差する。交差地点から直進方向は、埼玉県道303号弥藤吾行田線の新道で熊谷スポーツ文化公園方面へと至る新しいアクセス道路となる[9]

熊谷谷郷線は、対面4車線の計画であるが、2019年現在では、以下の状況により、全区間暫定2車線による供用となっている。

末広交差点からの現道を拡幅して対面4車線にする区間では、熊谷総合病院付近までは拡幅自体はできているが距離が短い。また、ベルク上之店前後では手を付けられていない。
新規建設した区間では、概ね4車線化用地は確保されているが未買収地が点在していることから暫定2車線での開通となった。なお、途中から熊谷バイパス・行田バイパスとの接続地点までは、彩の国まごころ国体関連整備として2004年までに開通しているが、2019年の開通まではサービス道路扱いとなっていた。

交差する道路編集

交差する道路 交差点名 所在地
埼玉県道91号熊谷停車場線 熊谷駅方面
国道17号 筑波 熊谷市
(北大通り) 熊谷女子高前
埼玉県道83号熊谷館林線 末広
第2北大通線 点字図書館前
国道17号(熊谷バイパス 上之(雷電神社)
埼玉県道303号弥藤吾行田線
埼玉県道303号弥藤吾行田線 行田市
埼玉県道199号行田市停車場酒巻線
埼玉県道199号行田市停車場酒巻線
埼玉県道20号足利邑楽行田線 見沼中学前
埼玉県道7号佐野行田線 荒木
埼玉県道7号佐野行田線 本線 上新郷 羽生市
埼玉県道364号上新郷埼玉線
国道122号 桑崎
埼玉県道60号羽生外野栗橋線 埼玉県道413号羽生停車場線 羽生駅入口(東)
埼玉県道60号羽生外野栗橋線 鴻巣方面
  • 別ルート(国道122号との重複区間を除く)
交差する道路 交差点名 所在地
国道17号 佐谷田北 熊谷市
国道17号(熊谷バイパス 持田IC 行田市
埼玉県道303号弥藤吾行田線 (公園通り) 行田市役所入口
埼玉県道199号行田市停車場酒巻線 埼玉県道77号行田蓮田線 行田市駅入口
埼玉県道66号行田東松山線 桜町
埼玉県道7号佐野行田線 長野ロータリー
埼玉県道306号上中森鴻巣線 富士見
埼玉県道364号上新郷埼玉線 下須戸
埼玉県道32号鴻巣羽生線 真名板
国道122号 志多見 加須市
埼玉県道38号加須鴻巣線 加須市街方面

重複区間編集

  • 埼玉県道83号熊谷館林線:筑波交差点 - 末広交差点
  • 埼玉県道303号弥藤吾行田線:熊谷市池上 - 行田市上池守
  • 埼玉県道199号行田停車場酒巻線:行田市和田 - 同市斎条
  • 埼玉県道7号佐野行田線:荒木交差点 - 上新郷交差点
  • 国道122号:加須市志多見交差点 - 羽生市下岩瀬交差点(別路線)

交差する鉄道と河川編集

沿道の施設編集

本線・旧道・新道(熊谷谷郷線)
別線
  • 熊谷市東部体育館
  • 熊谷市立佐谷田小学校
  • ソシオ流通センター駅
  • 熊谷流通センター(ソシオ熊谷)
  • 熊谷青果市場
  • 行田自動車教習所
  • 持田駅
  • 忍城
  • 行田市役所
  • 行田市駅
  • 東行田駅
  • 行田中央総合病院
  • 埼玉県総合教育センター
  • 行田工業団地
  • 行田市立太田西小学校
  • 行田市立太田中学校
  • むさしの村
  • 加須市立志多見小学校
  • 志多見郵便局

通過する自治体編集

脚注編集

  1. ^ 2007年頃に交差点名を「羽生電話局前」より改称。
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ 埼玉県報 定期 第3009号 (平成30年6月8日発行) 埼玉県行田県土整備事務所長告示第8号 県道熊谷羽生線の区域の変更
  5. ^ 埼玉県報 定期 第3019号 (平成30年7月13日発行) 埼玉県行田県土整備事務所長告示第8号 一般国道125号の区域の変更
  6. ^ 途中、行田市真名板地区では国道125号の旧道が羽生市下新郷地区の南端を掠めるように通っていたため、一度羽生市や加須市を通り、国道122号との重複にて北上し再び羽生市へ至るルートになっている
  7. ^ 熊谷市 平成31年3月定例記者会見 議題2:熊谷谷郷線・第2北大通線 開通記念式典の開催について
  8. ^ 埼玉県報 定期 第3096号 (平成31年 4月12日発行) 埼玉県熊谷県土整備事務所長告示第6号 県道熊谷羽生線の供用の開始
  9. ^ 2018年11月現在、池上交差点から現道との交差点間が埼玉県道303号弥藤吾行田線に変更されている

関連項目編集