メインメニューを開く

埼玉県道60号羽生外野栗橋線

日本の埼玉県の道路

埼玉県道60号羽生外野栗橋線(さいたまけんどう60ごう はにゅうそとのくりはしせん)は、埼玉県羽生市国道122号から、加須市外野地区を経由して久喜市国道4号国道125号に至る県道(主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
埼玉県道60号標識
埼玉県道60号
羽生外野栗橋線
路線延長 21,151 km
起点 羽生市 下岩瀬交差点
終点 久喜市 栗橋交差点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0122.svg国道122号
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
Japanese National Route Sign 0125.svg国道125号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
加須市外記新田付近

目次

概要編集

国道122号から羽生市街地を抜けて加須市大越・外野地区を通り、久喜市にて国道4号・国道125号の分岐点に至る。北の利根川と南の埼玉県道84号羽生栗橋線の間を通り、久喜市内や加須市外野地区では、直角カーブがいくつか存在するほか、狭隘区間も存在する。

また、前述する狭隘区間のうち、加須市外野地区ではこれを解消し、さらに直角になっている現道を一直線に結ぶバイパス(大越外野バイパス)が計画され、一部となる加須未来館入口交差点から現道の交差点までの区間が2016年3月19日に開通したため、当地区の狭隘区間は市道へと降格された[1]が、旗井地区では対向車とのすれ違いが困難なほど狭い区間があり、前後に待避所が設けられている。

埼玉県道129号加須羽生線との交差点から北2丁目交差点までの間は、かつては国道122号であった。

路線データ編集

  • 起点:埼玉県羽生市 国道122号 下岩瀬交差点
  • 終点:埼玉県久喜市 国道4号・国道125号 栗橋交差点
  • 実延長:21,151 m

地理編集

通過する自治体編集

 
久喜市内(旧栗橋宿)

交差する道路編集

交差する交通機関・主な河川編集

沿道・近隣の主な施設編集

羽生市
加須市
久喜市

脚注編集

関連項目編集