埼玉県金子村B29墜落事故

埼玉県金子村B29墜落事故(さいたまけんかねこむらB29ついらくじこ)は、1952年昭和27年)2月7日に爆弾を満載した米軍B29爆撃機が、埼玉県入間郡金子村(現在の入間市)寺竹に墜落・炎上して爆発を繰り返し、村民4名と乗員13名が死亡した事故である。

事故の概要編集

2月7日夜、横田基地から50kg爆弾を満載して離陸したB29は、午後10時50分頃、同基地より北へ約8キロメートルほど離れた金子村寺竹に墜落し、激しく炎上した。

機体の燃料が飛散して引火し、現場近くの民家が燃え始めたため、やや離れた場所に住む住民1名が、消火と救護に駆けつけたが、誘爆に巻き込まれて即死した。

当時は朝鮮戦争の最中で、米軍の爆撃機が頻繁に離陸しており、駆けつけた住民、警官、消防団も墜落機の周囲に散乱する爆弾のさらなる誘爆を警戒して救助や消火も全く手をつけられなくなった。

ある程度の時間をおいて爆発が繰り返され、消火活動が出来ずにそのまま燃え広がり、墜落から3時間後の2月8日午前2時頃には、火災は付近の民家7世帯11棟を全焼した。

現場付近130戸の村民は、吹雪の中を金子村立金子中学校(現・入間市立金子中学校)と、金子村立金子小学校(現・入間市立金子小学校)に分かれて避難した。また、金子、東金子、豊岡、元狭山、の各消防隊や警察などは現場より南に少し離れた金子郵便局に陣取って火災の様子を見守った。

午前2時の時点で、合計8回の爆発が起き、米軍側からの情報ではなお十数発の爆弾が散乱している可能性があると伝えられた。米軍は地元警察を通じ、付近住民に墜落現場の半径200メートル以内には決して近づかないよう警告した。

火災は午前3時過ぎ頃自然鎮火したが、依然残る不発弾が爆発する可能性があり、なかなか現場へ近づけなかった。

最終的には、民家7世帯11棟が全焼、民家約50戸が爆風で半壊、住民4名が死亡。B29爆撃機の乗員13名は全員死亡した。 後の現場検証では、爆弾の他に機関砲の銃弾などが何度も破裂して飛び散っていたらしいことが解った。

破片の一つは墜落現場から数百メートル離れた金子小学校の窓ガラスを割って中に飛び込んでいた。

現場周辺の状況、その他編集

  • この墜落現場は八高線金子駅より北東へ約1キロメートルほど離れた場所である。
  • 墜落時に青白い火花を散らしながら落ちてきたとの目撃情報があったが、これは事故機が東京電力送電線を引っ掛けて切断したためである。これにより立川市をはじめとする広範囲で停電が発生した。
  • 米軍は、墜落の原因としてB29爆撃機のエンジンの故障が考えられると発表した。

関連項目編集