埼玉西武ライオンズ・レディース

埼玉西武ライオンズ・レディース(さいたませいぶライオンズ・レデイース)は、埼玉西武ライオンズが公認する女子硬式野球クラブチームである[1]

埼玉西武ライオンズ・レディース
創設 2020年
所属リーグ

ヴィーナスリーグ

歴代チーム名

埼玉西武ライオンズ・レディース(2020年 - )

本拠地
尚美学園大学グラウンド
フランチャイズの遍歴

埼玉県川越市(2020年 - )

永久欠番
獲得タイトル
成績(タイトル以外)
球団組織
監督 新谷博

男子プロ野球を管轄する日本野球機構NPB)の加盟球団が公認する初めての女子硬式野球クラブチームで、一般財団法人全日本女子野球連盟ヴィーナスリーグに加盟。埼玉県川越市尚美学園大学グラウンドを本拠地に、2020年4月1日からの活動開始を予定している。

概要編集

埼玉県所沢市メットライフドームを本拠地として使用している埼玉西武ライオンズの支援と公認によって誕生したチームで、2020年1月16日に発足を発表。同球団のOB(元投手)で、現役からの引退後に女子野球日本代表の投手コーチを歴任した新谷博(尚美学園大学女子硬式野球部監督)が、初代の監督に就任した[2]

NPB球団のチーム名を冠した初めての女子野球チームで、選手や首脳陣は、埼玉西武ライオンズと同じデザインのユニフォームや帽子を着用。同球団から野球用具の提供や「ライオンズアカデミー」専属コーチ(同球団OB)の派遣(臨時コーチ扱い)を受ける[3]ほか、メットライフドームと同じ敷地にある球団所有のトレーニングセンターを練習に使用することが認められている。ただし、西武球団から金銭面での支援を受けないクラブチームとして運営するため、所属選手にはチームとは別の仕事に就くことを求めている[2]

なお、4部制で構成されているヴィーナスリーグには、2020年シーズンから2部に参加する。尚美学園大学は当チームの発足時点で1部に所属しているため、初代監督の新谷は、発足後も同大学の監督を兼務する予定[3]

発足までの経緯編集

日本国内における女子野球の競技人口は、高校生を中心に増加の一途をたどっている。2010年からは、日本女子プロ野球機構(JWBL)の下で、日本女子野球連盟によるプロリーグの運営休止(1952年からのノンプロ化)以来59年振りに女子プロ野球のリーグ戦を再開。プロ・アマ混成チームである女子野球日本代表は、新谷などの指導を背景にIBAF女子野球ワールドカップ→WBSC 女子ワールドカップで第3回大会(2008年)から6連覇(2018年の第8回大会時点)を達成するなど、世界トップクラスの実力を擁している[2]

NPBでは2013年から、女子の学童軟式野球チームを対象に、全日本軟式野球連盟と共同で「NPBガールズトーナメント」を年に1回開催。関東女子硬式野球連盟が主催するヴィーナスリーグには、NPBに加盟する読売ジャイアンツや、同球団と関係の深い報知新聞社が後援社に名を連ねている[3]。その一方で、JWBLでは2019年のシーズン終了後に、契約形態の変更などをめぐって全所属選手(71人)の半数以上(36人)が退団。大学や社会人のレベルでも、高校を卒業した女子選手を受け入れられるチームが日本国内に不足している。

女子のアマチュア野球を統括する全日本女子野球連盟では、以上の状況を踏まえて、社会人レベルの女子アマチュア硬式野球への協力を西武球団に要請[2]。同球団でもかねてから女子野球への貢献策を検討していたため、「トップレベルの女子選手が活躍できる環境の整備に協力していくことは、女子野球の発展のみならず、(男子を含めた)野球人口の減少の歯止めに寄与できるのではないか」という考えの下に支援を決定した[1]

所属選手編集

2020年2月13日の時点で記載。氏名が太字の選手は、新谷と共に発足発表へ参加した。 他の選手は、同年1月19日と2月9日に実施されたセレクションを経て、2020年2月13日に入団を発表。

投手編集

背番号 名前 備考
11 小野あゆみ
17 清水美佑
18 里綾実 JWBL・愛知ディオーネから移籍

捕手編集

背番号 名前 備考
2 楢崎涼
21 英菜々子

内野手編集

背番号 名前 備考
1 數田彩乃
5 森田裕美
6 出口彩香 ハナマウイから移籍
7 山崎まり JWBL・埼玉アストライアから移籍
10 加藤萌音
13 大沼咲貴
25 青柳桃子
33 岩見香枝 JWBL・愛知ディオーネから移籍
36 六角彩子 侍から移籍
38 田中美羽
51 山下来夢
56 吉田麻優

外野手編集

背番号 名前 備考
3 久保田桃子
8 志村亜貴子 女子野球日本代表主将
アサヒトラストから移籍
12 黒崎はるか
27 中村美羽

脚注編集

外部リンク編集