堀井 春一郎(ほりい しゅんいちろう、1927年2月19日 - 1976年5月15日)は、東京都出身の俳人。麻布区(現港区)生。慶應義塾大学文学部卒。のち教職に就き尾鷲高等学校、杉野女子短期大学、戸板女子短期大学で教えた。1936年、長谷川かな女に師事、1945年「水明」に投句。1950年、山口誓子の「天狼」入会。1956年、天狼賞受賞。1957年「天狼」同人。秋元不死男の「氷海」、「琅玕」にも参加。1973年、総合誌『季刊俳句』を創刊するも4号で終刊。「天狼」に傾倒してより、それ以前の句はすべて捨てたという。天狼調ながら、境涯的な情感のこもった句を作った。句集に『教師』『修羅』『曳白』(全句集)。

参考文献編集