堀内 哲(ほりうちさとし、1970年[1] - )は、日本作家共和主義者。

概要編集

長野県生まれ。早稲田大学卒業。出版社、大学図書館等に勤務[1]。日本での共和制の実現、天皇制の廃止を主張[2][3]

著書編集

単著編集

  • 『日本共和主義研究――「九条」の思想がサンマリノに生きている』 同時代社、2013年

編著編集

  • 『天皇条項の削除を!』 JCA出版、2009年
  • 『いま、「共和制日本」を考える――9条を1条に』 池田浩士杉村昌昭平井玄著、第三書館、2011年
  • 『生前退位-天皇制廃止-共和制日本へ』 第三書館、2017年
  • 『天皇制と共和制の狭間で――30代~90代の日本エンペラー論』 第三書館、2018年

脚注編集

関連項目編集