メインメニューを開く

堀尾 正雄(ほりお まさお、1905年7月20日 - 1996年12月21日)は、日本の化学者京都大学名誉教授。専門は高分子化学工学博士(1934年)。大阪府生まれ。

独創的発想により、化学繊維、化学パルプ等、幅広い分野に亘り先駆的研究を推進した。また、大学院制度の確立や研究基盤の充実にも尽力した。1993年文化功労者

略歴編集

  • 1928年:京都帝国大学工学部工業化学科卒業
  • 1934年6月:京都大学工学博士「色素及油ノ光化学的研究」
  • 1935年:京都帝国大学大学院修了
  • 1935年6月:倉敷絹織株式会社入社
  • 1938年4月:倉敷絹織株式会社退社
  • 1938年6月:京都帝国大学工学部助教授
  • 1941年4月:京都帝国大学工学部繊維化学科教授(繊維化学第二講座)
  • 1953年4月:京都大学評議員(1955年3月まで)
  • 1953年12月:京都大学化学研究所所長(1956年12月まで)
  • 1957年4月:京都大学工学部長(1959年3月まで)
  • 1961年4月:京都大学工学部高分子化学科教授(高分子化学第二講座)
  • 1963年4月:京都大学工学部高分子化学科教授(高分子構造講座)
  • 1969年3月:京都大学退官
  • 1969年4月:京都大学名誉教授