メインメニューを開く

堀江町(ほりえちょう)は、かつて徳島県板野郡にあった。現在の鳴門市堀江地区(姫田・大谷・池谷・松村・高畑・牛屋島・東馬詰・中馬詰・西馬詰・市場)。

ほりえちょう
堀江町
廃止日 1959年4月1日
廃止理由 編入合併
板東町堀江町大麻町
現在の自治体 鳴門市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 徳島県
板野郡
総人口 8,423
1955年
隣接自治体 鳴門市、板東町、藍住町北島町
堀江町役場
所在地 徳島県板野郡堀江町
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

讃岐山脈東端近くに位置し、北部は天円山を含む山地、南部は吉野川下流の沖積平野、その中間部の大谷川などの扇状地からなる。讃岐山脈沿いと旧吉野川沿いの2ヵ所に集落が分かれるため、前者は山つき、後者は川つきとも称される。

沿革編集

  • 1889年明治22年)10月1日 - 町村制施行に伴い板野郡板東村、姫田村、大谷村、池谷村、松村、高畑村、牛屋島村、東馬詰村、中馬詰村、西馬詰村、市場村が合併し、堀江村が成立する。
  • 1953年昭和28年)4月1日 - 堀江村が町制施行し堀江町となる。
  • 1959年(昭和34年)4月1日 - 板東町と合併し大麻町が発足。同日堀江町廃止。
  • 1967年(昭和42年)1月1日 - 大麻町が鳴門市に編入される。

参考文献編集

関連項目編集