堀 無手右衛門 (ほり むずえもん、生年不詳-1575年)は、戦国時代武将武田勝頼の叔父である一条信龍家臣堀 武手右衛門とも[1][2]

略歴編集

天正3年5月(1575年)、長篠の戦い織田徳川連合軍を相手に殿を務め、戦死した。[3]愛知県新城市八束穂に墓がある。しかし、『甲陽軍鑑』では1580年膳の城の戦いにおいて一条信龍の家臣である浅見清太夫中根七右衛門らと共に堀の名が見られることから長篠の戦いで戦死していないとも言われる。

脚注編集

  1. ^ 武家名目抄
  2. ^ 甲斐志料集成
  3. ^ 甲陽軍鑑

参考文献編集

  • 武家名目抄 衣服部 - 第 4 巻(1929)
  • 甲斐志料集成: 歴史部 8巻(1933、413p)
  • 甲陽軍鑑

関連項目編集