堀田 正亮(ほった まさすけ)は、江戸時代中期の大名老中首座。出羽国山形藩3代藩主、下総国佐倉藩初代藩主。官位従四位下侍従。正俊系堀田家5代。

 
堀田正亮
時代 江戸時代中期
生誕 正徳2年1月6日1712年2月12日
死没 宝暦11年2月8日1761年3月14日
戒名 青雲院陵阿松月渓惟心
墓所 東京都台東区西浅草日輪寺
官位 従五位下相模守従四位下侍従
幕府 江戸幕府 奏者番寺社奉行大坂城代老中、老中首座
主君 徳川家重
出羽山形藩主→下総佐倉藩
氏族 堀田氏
父母 堀田正武、小林氏
堀田正虎堀田正春
松平定逵養女・千賀姫
町田氏
正定正泰正順正通正時、園、
戸田氏英正室、松平忠祇正室、
本多助之正室、大久保忠喜正室、祥運院、上田義篤正室、横山知明正室
テンプレートを表示

略歴編集

堀田正俊の四男堀田正武の長男[1]。父が幼い時に死んだため、伯父の山形藩主・堀田正虎に養子に迎えられ、享保14年(1729年)の正虎の死後に3000石を与えられ旗本として別家を立てた。正虎の跡を継いだ正春が嗣子を残さずに早世した際、養子となり家督を継いだ。

寺社奉行大坂城代を経て老中、老中首座となる。老中在職中に宇和島藩主・伊達村候仙台藩主・伊達宗村の争いを調停した。また、老中在職中の延享3年(1746年)に佐倉へ転封となり、以後は幕末まで正俊系堀田家による佐倉の支配が定着した。

在職中に死去した。

年表編集

官歴編集

  • 1731年(享保16年):従五位下相模守
  • 1744年(延享元年):従四位下
  • 1745年(延享2年) :侍従

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 依田学海『学海余滴』笠間書院、2006年、433p。

関連項目編集