メインメニューを開く

堀 直英(ほり なおひで、元禄13年(1700年)1月 - 明和4年8月20日1767年9月12日))は、江戸時代の大名。信濃国須坂藩の第5代藩主。直重堀家5代。

越後国村松藩堀直利の三男。正室は第4代藩主・堀直佑の娘。子に堀直寛(長男)、堀直孝(次男)、堀直著(三男)、内藤正方(五男)、娘(立花長煕正室)、娘(安藤直元正室)。官位は従五位下、淡路守。

正徳2年(1712年)、直佑の養子・娘婿となって嫡子となり、将軍徳川家宣御目見した。享保4年(1719年)、直佑の隠居に伴い家督を相続する。享保10年(1725年)から享保12年(1727年)まで大番頭を務めた。

享保20年(1735年)、長男・直寛に家督を譲り隠居した。明和4年(1767年)没した。