メインメニューを開く

堀 秀道(ほり ひでみち、1934年5月21日[1] - 2019年1月3日)は日本鉱物学者、鉱物科学研究所所長、鉱物標本商。東北大学博士(理学)。

堀 秀道
生誕 (1934-05-21) 1934年5月21日
東京
死没 (2019-01-03) 2019年1月3日(84歳没)
研究分野 鉱物学
研究機関 鉱物科学研究所
出身校 モスクワ大学(中退)
主な受賞歴 櫻井賞(1986年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

人物編集

東京出身。中学時代より鉱物を愛好し、櫻井欽一に師事する。北里大学化学科助手、モスクワ大学地質学部留学を経て、株式会社鉱物科学研究所を設立。鉱物標本の販売、鑑定、研究を行う。

新鉱物欽一石(kinichilite、1981)、アンモニウム白榴石(ammonioleucite、1986)、ストロナルシ石(stronalsite、1987)を発見。これらの業績に対して1986年に櫻井賞を受賞。その後も岩代石(iwashiroite-(Y))、田野畑石(tanohataite)を発見。

同好会の主催や、ミネラルフェアの開催など、鉱物趣味の普及のための活動を行っている。著書『楽しい鉱物学』『楽しい鉱物図鑑』は日本の鉱物愛好家に読まれている。「開運!なんでも鑑定団」に石の鑑定士としても出演した。

水晶に対して深い思い入れがあることを、著書「水晶の本」で語っている。

2019年1月3日、敗血症のため死去[2]

著書編集

  • 『楽しい鉱物学 - 基礎知識から鑑定まで』草思社、1990年
  • 『楽しい鉱物図鑑』草思社、1992年
  • 『楽しい鉱物図鑑2』草思社、1997年
  • 編著『たのしい鉱物と宝石の博学事典』日本実業出版社、1999
  • 『宮沢賢治はなぜ石が好きになったのか』どうぶつ社、2006年 「鉱物人と文化をめぐる物語」ちくま学芸文庫、2017
  • 編著『「鉱物」と「宝石」を楽しむ本』〈PHP文庫〉、2009年。ISBN 978-4-569-67266-3
  • 『堀秀道の水晶の本』草思社, 2010.

翻訳編集

  • フェルスマン『石の思いで』理論社〈科学の仲間〉、1956年。『石の思い出』草思社、2005年
  • G.A.チーホフ『宇宙にも生命は存在する - 宇宙生物学の父チーホフ自伝』学習研究社〈ガッケンブックス〉、1964年。
  • A.E.フェルスマン『おもしろい鉱物学 - 石に親しむ基礎知識』理論社〈少年科学文庫〉、1967年。
  • ヴェ・エス・バリツキー、イェ・イェ・リシツィナ『合成宝石』飯田孝一追補、新装飾、1986年

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集

脚注編集