メインメニューを開く

堀 茂樹(ほり しげき、1952年1月29日[1]- )は、日本のフランス文学・哲学研究者、翻訳家、慶應義塾大学教授。

人物編集

滋賀県大津市生まれ。1974年早稲田大学教育学部社会学専修卒業。77年慶應義塾大学文学研究科修士課程修了。フランス政府給費留学生として渡仏し、79年Université Sorbonne Nouvelle Paris III高等研究課程(19世紀フランス文学(オノレ・ド・バルザック))、及び82年Université Sorbonne Paris IV高等研究課程(20世紀フランス哲学(ジュリアン・バンダ))修了。慶應義塾大学文学部助教授、2000年総合政策学部助教授、2003年教授兼大学院政策・メディア研究科委員。

1992年、『悪童日記』『ふたりの証拠」でBABEL国際翻訳大賞新人賞受賞。1993年、『第三の嘘』で同賞の大賞を受賞。その他に、NHKラジオフランス語講座の講師なども担当していた。2018年に上野千鶴子の「ジェンダー研究はフェミニズムのツール」発言を「社会運動の「為にする」のは邪道。」「道具化された真実は真実ではない」と批判している[2]

共編著編集

翻訳編集

  • アゴタ・クリストフ悪童日記早川書房 1991年 のち文庫 
  • アゴタ・クリストフ『ふたりの証拠』早川書房 1991年 のち文庫 
  • アゴタ・クリストフ『第三の嘘』早川書房 1992年 のち文庫 
  • アニー・エルノー『ある女』早川書房 1993年
  • アニー・エルノー『場所』早川書房 1993年
  • アニー・エルノー『シンプルな情熱』早川書房 1993年 のち文庫 
  • アゴタ・クリストフ『怪物 戯曲集』早川書房 1994年
  • わかれ路 ポール・ギマール ハヤカワ文庫、1994年
  • アゴタ・クリストフ『昨日』早川書房 1995年 のち文庫 
  • アニー・エルノー『凍りついた女』早川書房 1995年
  • ディディエ・デナンクス『記憶のための殺人』草思社 1995年
  • アゴタ・クリストフ『伝染病 戯曲集』早川書房 1995年
  • アニー・エルノー『戸外の日記』早川書房 1996年
  • ジェラール・ボナル『伝記ジェラール・フィリップ筑摩書房 1996年
  • ブリジット・オベール『鉄の薔薇』ハヤカワ・ミステリ文庫 1997年
  • エマニュエル・ベルナイム『彼の奥さん』河出書房新社 1997年 
  • シモン・レイ『ナポレオンの死』東京創元社 1997年
  • ダニエル・サールナーヴ『幻の生活』河出書房新社 1997年
  • ブリジット・オベール『マーチ博士の四人の息子』藤本優子共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 1997年
  • アラン・ソーカルジャン・ブリクモン『「知」の欺瞞—ポストモダン思想における科学の濫用』田崎晴明,大野克嗣共訳 岩波書店 2000年 のち岩波現代文庫
  • カトリーヌ・クレマン『テオの旅』高橋啓共訳 日本放送出版協会 2002
  • アニー・エルノー『嫉妬』菊地よしみ共訳 早川書房 2004年
  • アゴタ・クリストフ『どちらでもいい』早川書房 2006年
  • 『文盲 アゴタ・クリストフ自伝』白水社 2006年 のち白水Uブックス
  • エマニュエル・トッド『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告』文春新書 2015
  • ヴォルテールカンディード晶文社 2016
  • エマニュエル・トッド『シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧』文春新書 2016
  • エマニュエル・トッド『問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論』文春新書 2016

脚注編集

  1. ^ 『文藝年鑑』2008
  2. ^ [1]

外部リンク編集