メインメニューを開く

堀 親昌(ほり ちかまさ)は、江戸時代前期の大名下野国烏山藩2代藩主、信濃国飯田藩初代藩主。飯田藩堀家2代。

 
堀親昌
Hori Chikamasa.jpg
堀親昌像(長姫神社蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 慶長11年4月8日1606年5月14日
死没 寛文13年7月16日1673年8月27日
改名 吉千代/又七郎(幼名)→親昌
官位 従五位下美作守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
下野烏山藩主→信濃飯田藩
氏族 堀氏
父母 父:堀親良
兄弟 親昌親智親泰日野資栄正室
養兄弟:鶴千代堀秀治次男)
正室:杉原長房
継室:青山幸成内藤信正
後室:三条西実条娘・浄心院
親貞清水谷実業

生涯編集

慶長11年(1606年)、烏山藩初代藩主堀親良の嫡男として誕生した。

寛永14年(1637年)、父の死去により家督を相続する。この時、次弟・堀親智に3000石、三弟・堀親泰に2000石を分与した。親昌は領内で検地を実施する一方、烏山城の改修を行い藩政の基盤を固めた。寛文12年(1672年)、信濃飯田2万石に転封となる。

寛文13年(1673年)に死去し、飯田藩主としてはわずか1年弱で[1]、跡を長男の親貞が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 菱田春草先祖の才能と堀飯田藩仕官の歴史的背景鈴川 博、飯田市美術博物館 研究紀要、2012年3月