メインメニューを開く

生涯編集

生い立ち編集

1903年6月22日群馬県藤岡市に生まれる。

藤岡中学校第一高等学校を経て東京帝国大学工学部航空学科を首席で卒業。同期に木村秀政土井武夫らがいる。

三菱に入社編集

三菱内燃機製造(現在の三菱重工業)に入社。最先端の航空機技術を学ぶ為にヨーロッパ、アメリカへ1年半派遣された。

1932年、入社5年で設計主任に抜擢された堀越は、まだ複葉機が主流な時代において、単葉機である七試艦上戦闘機を設計。しかし試作された2機は試験飛行中に墜落してしまい不採用。

同年中に佐々木須磨子と見合い結婚。後に6人の子宝に恵まれる[1]

1934年には九試単座戦闘機の設計・開発を進め、九試単座戦闘機では機体表面の空力的平滑化を徹底するなど革新的な設計を行い、逆ガル翼を持つ試作一号機を経て、1935年試作二号機が日本海軍初の全金属単葉戦闘機九六式艦上戦闘機として採用された。日本で初めて全面的に沈頭鋲を採用した航空機である。

零戦の設計編集

1937年より十二試艦上戦闘機の設計を行う。後の零式艦上戦闘機(零戦)である。

海軍からのあまりに高い性能要求に悩み、会議において堀越は「格闘性能、航続力、速度の内で優先すべきものを1つ挙げてほしい」と要求するが、源田実の「どれも基準を満たしてもらわなければ困るが、あえて挙げるなら格闘性能、そのための他の若干の犠牲は仕方ない」という意見と、柴田武雄の「攻撃機隊掩護のため航続力と敵を逃がさない速力の2つを重視し、格闘性能は搭乗員の腕で補う」という意見が対立し、両方正論で平行したため、堀越は自分が両方の期待に応えようと決めた[2]

零戦の防弾性能について堀越は、「戦闘機には優先順位があり、防弾がなかったのは当然」としており[3]、後の零戦に対する防弾装備は、「未熟者が増えたせいで不相応なものだった」と回想している[4]

以降、技術部第二設計課長として雷電烈風の設計に携わったが、零戦も含めいずれも途中以降は他課に設計が移されている。

戦後編集

戦後は木村秀政らとともにYS-11の設計に参加した。三菱重工業は戦後分割されたため、それにともない発足した中日本重工業(のちの新三菱重工業)に勤務した。新三菱重工業では参与を務めた[5]

新三菱重工業を退社した後、1963年から1965年にかけて、東京大学宇宙航空研究所にて講師を務めた。1965年「人の操縦する飛行機の飛行性の改善に関する研究 :昇降だ操縦系統の剛性低下方式」で東大工学博士。1965-69年防衛大学校教授。1972-73年日本大学生産工学部教授。

また、1966年に発生した英国海外航空機空中分解事故や1971年に発生したばんだい号墜落事故では、事故調査委員会の委員として、墜落事故の原因究明に尽力した。

1973年11月3日勲三等旭日中綬章。

1982年1月11日死去。享年78。 2月5日従四位(1月11日付)が特旨を以て位記を追賜される。死亡記事はニューヨーク・タイムズ等世界の新聞に載った[6]

親族編集

著作編集

単著編集

共著編集

監修等編集

堀越をテーマにした作品編集

 
1938年10月、車中にて
 
1937年7月、十二試艦上戦闘機(のちの零式艦上戦闘機)設計チームの仲間。中央が堀越

漫画編集

映画編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “総力特集・零戦と堀越二郎"より『家族が語る“零戦の設計者”堀越二郎(「風立ちぬ」のモデル)の素顔』」『歴史街道 2013年9月号』、PHP研究所、2013年。
  2. ^ 堀越 1995, pp. 79-82.
  3. ^ 堀越 1995, pp. 225-233.
  4. ^ 堀越 1995, pp. 215-217.
  5. ^ ジブリ最新作主人公(ゼロ戦設計者・堀越二郎)「幻の名機 烈風」の設計図に込めた思い」『フライデー 2013年6月7日号』、講談社、2019年4月26日閲覧。
  6. ^ "Jiro Horikoshi, 78, Dies in Tokyo; Designer of Zero Fighter Aircraft". The New York Times. January 12, 1982.

参考文献編集

  • 堀越二郎『零戦――その誕生と栄光の記録』光文社〈カッパ・ブックス 名著復刻〉、1995年6月。ISBN 4334041051

関連項目編集