堂垣内尚弘

日本の政治家
日本の旗 日本の政治家
堂垣内 尚弘
どうがきない なおひろ
生年月日 1914年6月2日
出生地 北海道札幌市
没年月日 (2004-02-02) 2004年2月2日(満89歳没)
出身校 北海道帝国大学(現・北海道大学
前職 海軍省官僚
北海道開発庁官僚・事務次官
北海道職員
北海学園大学教授
東日本学園理事長
所属政党 (無所属→)
自由民主党→)
無所属
称号 従三位
勲一等瑞宝章
フィンランド獅子一等騎士勲章
全日本剣道連盟剣道範士

北海道の旗 公選第7-9代 北海道知事
当選回数 3回
在任期間 1971年4月10日 - 1983年4月10日
テンプレートを表示

堂垣内 尚弘(どうがきない なおひろ、1914年(大正3年)6月2日 - 2004年(平成16年)2月2日)は、日本の技術官僚政治家。東日本学園大学(後の北海道医療大学)の名付け親でもある。学校法人東日本学園名誉理事長位階勲等従三位勲一等瑞宝章学位工学士(北海道帝国大学)称号剣道範士

目次

来歴・人物編集

札幌市出身。1938年(昭和13年)北海道帝國大学(後の北海道大学)工学部卒業(工学士)。海軍省建設局に勤務。復員を経て、1946年(昭和21年)北海道庁に勤務。その後北海道開発庁へ出向し、1965年(昭和40年)同庁事務次官となる。1967年(昭和42年)北海道開発庁退官。

1967年(昭和42年)北海学園大学工学部教授(道路交通学)。1969年(昭和44年)北海道総合開発研究所所長(〜1971年)。1970年(昭和45年)北海学園大学辞職。

その後1971年(昭和46年)、町村金五の後継として保守陣営から北海道知事に当選し3期務めた。知事退任後、第13回参議院議員通常選挙自由民主党の比例代表候補として立候補するが、名簿搭載順位が27位と低く落選している。1983年(昭和58年)に北海学園大学工学部教授(道路交通学)に再び就任した。同年、学校法人北海学園理事にも就いた。

1989年(平成元年)には学校法人・東日本学園大学(後の学校法人・東日本学園、現北海道医療大学の運営法人)の理事長に就任する。1995年(平成7年)には学校法人・東日本学園の名誉理事長となる。

また、同じ学部学科の後輩の坂上孝幸に「土木屋は学長も務めるべき」と励まし、学長に就くことを強く促したという逸話もある。

真宗大谷派の門徒でもある。

2004年(平成16年)2月2日死去。享年89。

評価編集

  • 歴代北海道知事としての評価は高い。部下の使い方が上手であり、札幌オリンピックなど経済発展に寄与した、人柄が良かった、中央とのパイプが太く北海道の開発事業が進んだことなどが理由となっている。
  • 知事退任に伴い、後継者に三上顕一郎副知事を指名したが、三上は日本社会党推薦の横路孝弘(後に衆議院議長)に敗れた。

エピソード編集

受賞歴編集

著書編集

  • 『北海道道路史』(共著、北海道道路史調査会、1990年)

参考文献編集

  • 北海道新聞社 - 北の隣人・日ソ国交回復30周年(1986年)
  • 日外アソシエーツ編『20世紀日本人名辞典』(紀伊国屋書店)
公職
先代:
町村金五
  北海道知事
民選第7-9代:1971 - 1983
次代:
横路孝弘
学職
先代:
(新設)
学校法人東日本学園名誉理事長
初代:1995 - 2004
次代:
(不明)
先代:
前田和幸
学校法人東日本学園理事長
第3代:1989 - 1995
次代:
寺田一壽男