堂島駅

福島県会津若松市にあるJR東日本の駅

堂島駅(どうじまえき)は、福島県会津若松市河東町郡山字京丁前乙(きょうていまえおつ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線である[1]

堂島駅
堂島駅.JPG
ホーム(2010年4月)
どうじま
Dōjima
会津若松 (5.5km)
(3.1km) 笈川
福島県会津若松市河東町郡山字京丁前乙[1]135
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 磐越西線
キロ程 70.1km(郡山起点)
電報略号 トシ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[2]
乗車人員
-統計年度-
33人/日(降車客含まず)
-2004年-
開業年月日 1934年昭和9年)11月1日[1]
備考 無人駅[2]
テンプレートを表示

朝夕の一部と日中の1本を除き普通列車も通過し、利用できる列車は上下5往復の気動車列車のみである。ただし、日橋川「川の祭典」花火大会開催時に運転される臨時列車は電車で運転され、当駅に停車する[3]

歴史編集

1934年(昭和9年)に、気動車が会津地方に投入されて短区間で運転されるようになり、これに伴ってバスへの対抗を兼ねて駅を増設することになり、設置された駅である。この関係で長距離を運行する列車は通過し、区間運転の列車のみが停車する駅である。同様の駅は、戦時中の石油消費規制により気動車が一度廃止された際に一緒に廃止になったり、存続したものでも戦後の運行形態の変化により全列車が停車する通常の駅に変化したりしたが、会津若松-喜多方間には当初の運行形態のまま、一部の列車のみが停車する駅が残存している[4]

年表編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線[2]を有する地上駅。駅舎、トイレの設置はない。

会津若松駅管理の無人駅[2]

利用状況編集

2004年度の1日平均乗車人員は33人であった[5]

乗車人員推移
年度 1日平均乗車人員
2000 22
2001 22
2002 27
2003 30
2004 33

駅周辺編集

駅周辺は田園地帯となっている[2]。また、両隣の会津若松駅や笈川駅よりも2駅郡山寄りの広田駅の方が約2kmと近い[2]。これは郡山駅より伸びる磐越西線が広田駅から南に下がり、会津若松駅でスイッチバックして北上するため並行するような形となっているためである[2]

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
磐越西線
快速(「あがの」を含む)
通過
普通(一部列車のみ停車)
会津若松駅 - 堂島駅 - 笈川駅

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d JR東日本:各駅情報(堂島駅)”. 東日本旅客鉄道. 2014年10月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『週刊JR全駅・全車両基地』第50号、朝日新聞出版、2013年8月4日、 24頁、2014年10月23日閲覧。
  3. ^ http://www.kitakata-kanko.jp/news/pdf/pdf_000340.pdf
  4. ^ 岩成政和「みどりの中 キハ40系が行く 磐越西線各駅停車」『鉄道ジャーナル』第636号、2019年10月、 20 - 35頁。
  5. ^ 第120回福島県統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集