堤康久

1922-, 俳優。

堤 康久(つつみ やすひさ[1][2][3]1922年大正11年〉3月30日[1][2][3] - 没年不詳)は、日本の元俳優である。本名同じ。実兄は京都産業大学名誉教授堤重久。妻は東宝専属女優の江島和子東京出身[1][2][3]

経歴編集

東京府東京市(現在の東京都)で新宿開業医の家庭に生まれ育ち、立教大学中退後、前進座に参加。

旧制中学校在学中、15歳の時から綴っていた全7冊ほどの日記は、太宰治の一番弟子と言われた兄重久の紹介により、太宰の長編小説『正義と微笑』(1942年)の題材となった[3]。この作品の中で、康久の日記におけるマルクス主義への傾倒は、ことごとくキリスト教への傾倒に置き換えられている[4]。また前進座では「中村文吾」の芸名だったが、戦後は『正義と微笑』の主人公の名である「芹川進」で活動したこともある[5]

戦後は東宝の専属俳優となり、脇役として多数の映画、テレビドラマに1960年代後半頃まで出演。警官役や軍人役が多い[2]

引退後は書店を経営していたという。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ そのうち、一つが出演シーンカット。
  2. ^ ノンクレジット。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 東宝特撮映画全史 1983, p. 532, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ a b c d e f g モスラ映画大全 2011, p. 99, 「脇役俳優辞典31」
  3. ^ a b c d e f g h 初代ゴジラ研究読本 2014, p. 112, 「オール初代ゴジラ俳優大図鑑」
  4. ^ 『太宰治全集 第五巻 月報5』筑摩書房、1956年2月20日。堤重久「『正義と微笑』の背景」。
  5. ^ 新潮文庫「パンドラの匣」解説 奥野健男 ISBN 978-4101006116
  6. ^ a b c d e f g h i 東宝特撮映画全史 1983, pp. 535–536, 「主要特撮作品配役リスト」
  7. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 67, 「『キングコング対ゴジラ』作品解説/俳優名鑑」
  8. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 39, 「『日本誕生』作品解説/俳優名鑑」
  9. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 55, 「『モスラ』作品解説/俳優名鑑」
  10. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 83, 「『宇宙大怪獣ドゴラ』作品解説/俳優名鑑」

参考文献編集

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 洋泉社MOOK 別冊映画秘宝洋泉社
    • 『別冊映画秘宝 モスラ映画大全』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年8月11日。ISBN 978-4-86248-761-2 
    • 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2014年8月24日。ISBN 978-4-8003-0452-0 
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2