堤清六

堤 清六(つつみ せいろく、1880年2月15日 - 1931年9月12日)は、日本実業家。日魯漁業株式会社(現株式会社ニチロ)の創業者。衆議院議員新潟県知事参議院議員を歴任した亘四郎は実弟。

目次

来歴・人物編集

栄典編集

堤邸広場・蒼龍庵編集

堤の生家はのちに三条市に寄付され、三条市は跡地を勤労青少年ホームとして使用した。

勤労青少年ホームが老朽化により移転し、生家の一部を移転改築し「蒼龍庵」、「堤邸広場」として整備。広場には、勤労青少年ホーム前に建っていた堤の胸像が建立されている。

堤家編集

  • 牧田利平編 『名家系譜 越佐人物誌』 野島出版、1986年、141-142頁 に基づき作成した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堤清六
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清七[2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イト[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
詔子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シン[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堤清吾[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堤清七(6代目)
 
堤清七(7代目)
 
 
ヨシ(芳子)[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千鶴子(養女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千代
 
 
平塚常次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清治郎[7]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ムツ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
堤(亘)四郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハル[8]
 
 
 
 
 
  1. ^ 『官報』号外、「授爵・叙任及辞令」1928年11月10日。
  2. ^ 1899年6月19日 - 1978年10月5日北海製罐会長、ブローノックスジャパン監査役、東洋製罐会長を歴任した。
  3. ^ 1889年9月 - (不明)、小出嘉七の三女。
  4. ^ 加藤家に嫁ぐ。
  5. ^ 1886年 - 1958年3月14日中越自動車を設立、大昭和物産社長、日本相撲協会最高顧問を歴任した。
  6. ^ 1889年 - 1977年3月4日
  7. ^ 1894年7月25日 - 1955年9月30日
  8. ^ 登坂良作と結婚した。

 

参考文献編集

  • 岡本信男 『北海の雲:堤清六波乱の生涯』 いさな書房・水産社、1987年
  • 川端克二 『北海の征服者』 牧書房、1944年
  • 志村和次郎 『「創造と変化」に挑んだ6人の創業者』 日刊工業新聞社、2005年 ISBN 9784526054174
  • 社団法人日本工業倶楽部編 『日本の実業家:近代日本を創った経済人伝記目録』 日外アソシエーツ・紀伊国屋書店、2003年 ISBN 4816917896
  • 内藤民治編著 『堤清六の生涯』 曙光会、1937年
  • 西方藤七編著 『県央の人物』 野島出版、1989年
  • 日魯漁業株式会社編 『日魯漁業経営史 第1巻』 水産社、1971年
  • ニチロ 『日魯漁業経営史 第2巻』 ニチロ、1995年
  • 馬塲信彦 『堤清六の生涯』 堤清六先生顕彰会、1998年
  • 牧田利平編 『名家系譜 越佐人物誌』 野島出版、1986年、141-142頁
  • 緑川玄三 『三条人物伝』 三条人物伝刊行会、1992年
  • 亘四郎 「堤清六」、新潟日報社編 『越佐が生んだ日本的人物』 新潟日報社、1965年

関連項目編集

外部リンク編集