メインメニューを開く
日本 > 群馬県 > 桐生市 > 堤町 (桐生市)

堤町(つつみちょう)は、群馬県桐生市町名である。一丁目から三丁目が設置されている。郵便番号は376-0042。

堤町
堤町の位置(群馬県内)
堤町
堤町
堤町の位置
北緯36度25分2.38秒 東経139度19分17.9秒 / 北緯36.4173278度 東経139.321639度 / 36.4173278; 139.321639
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Gunma Prefecture.svg 群馬県
市町村 Flag of Kiryu, Gunma.svg 桐生市
地区 第八区
人口
2017年(平成29年)8月31日現在)[1]
 • 合計 2,965人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
376-0042
市外局番 0277[2]
ナンバープレート 群馬

目次

地理編集

桐生市の中部、吾妻山の南麓に位置する。末広町宮前町巴町元宿町とともに桐生市第八区に属する。

東北部は宮本町に、東部は小曽根町に、東南部は宮前町に、南部はJR両毛線わたらせ渓谷線を境として元宿町に、西南部は渡良瀬川を挟んで相生町に、西北部は川内町にそれぞれ接する。

東部が一丁目、中部が二丁目、西部が三丁目となっている。一丁目に水道山記念館と水道山配水池、二丁目に白髭神社と常薫寺、三丁目に青葉台団地と聖フランシスコ修道院がある。

町内北部は山地によって占められ、南部に群馬県道3号前橋大間々桐生線群馬県道342号川内堤線が通じている。渡良瀬川に架かる赤岩橋によって相生町と、小倉新道によって川内町と結ばれる。

JR両毛線・わたらせ渓谷鐵道と上毛電気鉄道との間に丸山がある。その北麓に上毛線の丸山下駅があり、東麓に白髭神社が鎮座する。

歴史編集

かつての堤村にあたる。1873年(明治6年)に、今泉村、堤村、本宿村、村松村が合併して安楽土村となる。

1889年(明治22年)の町村制施行により、桐生新町、新宿村、安楽土村、下久方村、上久方村平井が合併して桐生町が発足、安楽土村は桐生町の大字の一つとなる。1921年(大正10年)の市制施行を経て、1929年(昭和4年)に大字が廃止され、旧堤村にあたる地域が東堤町・西堤町となる。その後住居表示に伴う町名変更によって現在の町名である「堤町」となった。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)8月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
堤町一丁目 574世帯 1,273人
堤町二丁目 295世帯 613人
堤町三丁目 521世帯 1,079人
1,390世帯 2,965人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。[3]

丁目 番地 小学校 中学校
堤町一丁目 全域 桐生市立西小学校 桐生市立中央中学校
堤町二丁目 全域
堤町三丁目 全域

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町名別人口(平成27年~)”. 桐生市 (2017年9月7日). 2017年9月13日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ 学校区一覧”. 桐生市 (2017年4月1日). 2017年9月13日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集