報知オールスターカップ

報知オールスターカップ(ほうちオールスターカップ)は、神奈川県川崎競馬組合川崎競馬場で施行する地方競馬重賞競走平地競走)である。報知新聞社から優勝杯の提供を受けて冠名が取られている。

報知オールスターカップ
開催国 日本の旗 日本
主催者 神奈川県川崎競馬組合
競馬場 川崎競馬場
創設 1964年7月22日
2020年の情報
距離 ダート2100m
格付け 南関東SIII
賞金 1着賞金1500万円
出走条件 サラブレッド系4歳以上オープン、地方全国交流
負担重量 別定(負担重量を参照)
出典 [1]
テンプレートを表示

副賞は、報知新聞社賞、関東地方公営競馬協議会賞、管理者賞(2019年)[2]

概要編集

1964年創設。当初は東京大賞典と同じくファン投票で出走馬を選出し、ハンデ戦が主流であった当時の南関東にあって別定戦で施行するなど、金盃と並んで上半期の南関東サラブレッド古馬最大の目標であった。しかし1996年より帝王賞6月末の開催に後ろ倒しになるなどの環境の変化から、2003年度(レースは2004年1月)より開催を1月の正月開催へと移動した上で地方競馬の全国交流競走へと衣替えした。この際、ファン投票による出走馬選出も廃止となっている。なお、全国交流競走に移行してから2016年まで、他地区所属馬の優勝は2004年のウツミジョーダン(岩手)、2014年のオオエライジン(兵庫)、2016年のグルームアイランド(金沢)の3回である[3]

南関東SIIIに格付けされている。現在は川崎記念のトライアル競走となっており、この競走の優勝馬には川崎記念への優先出走権が与えられる[1]

距離は創設からしばらく2000mで施行され、1988年からは1600mで施行されていた。冬季開催に移行した2003年度から再び2000mに戻ったが、2006年度(レースは2007年1月)からは2100mに延長された。

条件・賞金等(2020年)編集

出走資格[1]
サラブレッド系4歳以上。地方全国交流で、地方他地区所属馬の出走枠は原則4頭以下と定められている。
負担重量[1]
別定。4歳54kg、5歳以上55kg、牝馬2kg減(南半球4歳1kg減)を基本に、2019年12月30日までの総収得賞金が4歳は4,000万円毎、5歳は4,500万円毎、6歳以上は5,000万円毎に1kg負担増となる(上限は牡馬・騸馬58kg、牝馬56kg)。
賞金額
1着1,500万円、2着525万円、3着300万円、4着150万円、5着75万円、着外手当15万円。
優先出走権付与[1]
優勝馬に川崎記念とダイオライト記念の優先出走権が付与される。

歴代優勝馬編集

回数 施行日 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1964年7月22日 ダ2000m オリオンホース 牡4 船橋 R2:06.7 松浦備 谷口源吾
第2回 1965年7月14日 ダ2000m オリオンホース 牡5 船橋 R2:06.0 宮下哲朗 谷口源吾
第3回 1966年7月1日 ダ2000m ヒガシモア 牡5 川崎 2:07.2 佐々木竹見 青野四郎
第4回 1967年7月19日 ダ2000m ウエルスワン 牡5 大井 2:07.1 高橋三郎 遠間波満行
第5回 1968年6月9日 ダ2000m イチウエルス 牡5 大井 2:07.7 高橋三郎 遠間波満行
第6回 1969年7月3日 ダ2000m イナズマイーグル 牡4 船橋 2:06.0 高橋三郎 梶田繁雄
第7回 1970年7月9日 ダ2000m アポスピード 牡4 大井 2:06.5 高橋三郎 須田茂
第8回 1971年7月15日 ダ2000m カヤヌマタイム 牡4 大井 2:06.4 渥美忠男 寺田時次郎
第9回 1972年6月25日 ダ2000m リユウトキツ 牡5 川崎 2:07.2 佐々木吉郷 新貝一雄
第10回 1973年7月4日 ダ2000m マルイチキング 牡4 船橋 R2:05.9 角田次男 宮下仁
第11回 1974年7月1日 ダ2000m ウインザライン 牡4 大井 R2:05.4 赤間清松 遠間波満行
第12回 1975年6月26日 ダ2000m マルイチダイオー 牡4 船橋 R2:04.8 角田次男 宮下仁
第13回 1976年7月6日 ダ2000m ヒデノアラシ 牡4 川崎 2:06.6 佐々木竹見 勝又泉
第14回 1977年7月21日 ダ2000m ニユーエビス 牡5 川崎 2:06.2 森下博 足立関男
第15回 1978年7月20日 ダ2000m サンコーモンド 牡4 大井 2:07.4 赤間清松 竹内美喜男
第16回 1979年7月4日 ダ2000m シヤドウ 牝3 川崎 2:07.4 橘真樹 高橋正豪
第17回 1980年7月9日 ダ2000m モブスター 牡4 船橋 2:05.4 佐々木竹見 佐竹海治
第18回 1981年7月8日 ダ2000m トウケイホープ 牡5 大井 2:05.9 秋吉和美 大山末治
第19回 1982年7月7日 ダ2000m アズマキング 牡5 大井 2:06.7 高橋三郎 岡部猛
第20回 1983年7月6日 ダ2000m ミサキマリヌーン 牝6 大井 2:05.9 奥山正行 竹原眞一
第21回 1984年7月9日 ダ2000m ダーリンググラス 牡6 浦和 2:07.2 桑島孝春 中沢文男
第22回 1985年7月3日 ダ2000m トムカウント 牡6 船橋 2:06.1 石崎隆之 江川秀三
第23回 1986年6月18日 ダ2000m カウンテスアツプ 牡5 大井 2:07.1 的場文男 赤間清松
第24回 1987年7月15日 ダ2000m ガルダン 牡6 大井 2:07.3 的場文男 三坂盛雄
第25回 1988年7月27日 ダ1600m リユウコウキング 牡3 船橋 1:41.5 本間茂 森誉
第26回 1989年7月12日 ダ1600m ダイタクジーニアス 牝5 川崎 1:41.9 佐々木竹見 鳥飼春弥
第27回 1990年7月23日 ダ1600m コリムプリンス 牡7 船橋 1:42.0 佐々木清明 佐々木総雄
第28回 1991年7月10日 ダ1600m チヤンピオンスター 牡7 大井 1:41.0 高橋三郎 飯野貞次
第29回 1992年6月24日 ダ1600m パワーデイクター 牡5 船橋 1:39.6 田部和廣 矢熊壽
第30回 1993年7月12日 ダ1600m ハナセール 牡5 大井 1:42.4 高橋三郎 物井榮
第31回 1994年6月29日 ダ1600m ガンガデイーン 牡4 川崎 1:41.4 的場文男 安池保
第32回 1995年7月5日 ダ1600m アマゾンオペラ 牡4 船橋 1:42.2 石崎隆之 出川己代造
第33回 1996年7月31日 ダ1600m アマゾンオペラ 牡5 船橋 1:41.6 石崎隆之 出川己代造
第34回 1997年7月3日 ダ1600m アマゾンオペラ 牡6 船橋 1:41.0 石崎隆之 出川己代造
第35回 1998年7月3日 ダ1600m バンチャンプ 牡5 船橋 1:39.9 石崎隆之 出川己代造
第36回 1999年6月30日 ダ1600m アローセプテンバー 牡4 船橋 R1:39.1 左海誠二 北川亮
第37回 2000年8月9日 ダ1600m サプライズパワー 牡6 船橋 1:40.6 石崎隆之 川島正行
第38回 2001年8月15日 ダ1600m スピーディドゥ 牡5 大井 1:41.6 内田博幸 高橋三郎
第39回 2002年8月14日 ダ1600m フジノテンビー 牡4 船橋 1:41.5 佐藤隆 川島正行
第40回 2004年1月2日 ダ2000m エスプリシーズ 牡5 川崎 2:08.6 森下博 武井榮一
第41回 2004年12月23日 ダ2000m ウツミジョーダン 牡4 水沢 2:08.4 小林俊彦 村上佐重喜
第42回 2005年12月23日 ダ2000m ケイアイミリオン 牡7 大井 2:08.0 内田博幸 中村護
第43回 2007年1月3日 ダ2100m ビービートルネード 牡4 川崎 2:18.0 町田直希 武井榮一
第44回 2008年1月3日 ダ2100m エスプリベン 牡4 川崎 2:16.9 山崎誠士 久保秀男
第45回 2009年1月3日 ダ2100m アンパサンド 牡5 川崎 2:15.1 御神本訓史 池田孝
第46回 2010年1月3日 ダ2100m マズルブラスト 牡8 船橋 2:14.9 戸崎圭太 川島正行
第47回 2011年1月3日 ダ2100m ボランタス 牡7 川崎 2:15.4 山崎誠士 山崎尋美
第48回 2012年1月3日 ダ2100m スターシップ 牡8 船橋 2:16.5 石崎駿 出川克己
第49回 2013年1月3日 ダ2100m シーズザゴールド 牡6 船橋 2:16.4 戸崎圭太 川島正行
第50回 2014年1月3日 ダ2100m オオエライジン 牡6 兵庫 2:16.9 張田京 寺嶋正勝
第51回 2015年1月3日 ダ2100m ドラゴンエアル 牡4 川崎 2:18.2 森泰斗 高月賢一
第52回 2016年1月3日 ダ2100m グルームアイランド 牡5 金沢 2:18.1 吉原寛人 高橋俊之
第53回 2017年1月3日 ダ2100m ケイアイレオーネ 牡7 大井 2:18.0 的場文男 佐宗応和
第54回 2018年1月3日 ダ2100m ディアドムス 牡6 大井 2:17.4 岡部誠 森下淳平
第55回 2019年1月3日 ダ2100m ヤマノファイト 牡4 船橋 2:16.6 本橋孝太 矢野義幸
第56回 2020年1月3日 ダ2100m オールブラッシュ 牡8 大井 2:14.7 今野忠成 藤田輝信
  • 馬齢は新年齢表記に統一

Rはコースレコードを示す。

出典:南関東4競馬場公式「報知オールスターカップ競走優勝馬」http://www.nankankeiba.com/win_uma/19.do

川崎記念(1955年 - 1963年)編集

本競走創設以前、川崎市の市制記念日のある7月に川崎競馬場ではサラブレッドの古馬ハンデキャップ重賞である川崎記念が施行されていた。これが本競走の前身であるとの記述も一部で見られる[4]。以下に、その歴代優勝馬を記す(馬齢は新表記に統一した)。

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1955年7月20日 イチサチホマレ 牡7 大井 2:21 0/5 栗田武 栗田金吾
第2回 1956年7月15日 カネエイカン 牡5 大井 2:21 1/5 小筆昌 森田正一
第3回 1957年7月17日 イチカントー 牡4 大井 2:22 2/5 齋藤安[5] 小暮嘉久
第4回 1958年7月15日 ヨシフサ 牡7 大井 2:20 2/5 朝倉文四郎 廿楽長市郎
第5回 1959年7月10日 イチカントー 牡6 大井 2:23 1/5 長沢保作 小暮嘉久
第6回 1960年7月10日 イチカントー 牡7 大井 2:08.7 藤田安弘 小暮嘉久
第7回 1961年7月16日 タイセツザン 牡5   2:07.6 勝又衛  
第8回 1962年7月10日 ハローモア 牡6 大井 2:07.5 勝又泉 寺田時次郎
第9回 1963年7月24日 ダイニハイスピード 牡5 船橋 2:06.9 渥美忠男  
  • 施行距離:第1回 - 第5回 ダート2200m、第6回 - ダート2000m

他地区所属馬の成績編集

回次 馬名 所属 着順 備考
第41回(2004年度) ウツミジョーダン 水沢 1着 次々走川崎記念3着
第42回(2005年度) エアウィード 水沢 6着
フジエスミリオーネ 高知 7着
シノブホマレ 笠松 9着
レジェンドハンター 笠松 10着
エイシンハリマオー 笠松 11着
第43回(2006年度) ゲットゥザサミット 笠松 4着
キングスゾーン 名古屋 5着
クインオブクイン 笠松 8着
タカラアジュディ 名古屋 9着
第44回(2007年度) マルヨフェニックス 笠松 4着
ミツアキタービン 笠松 5着
トミノダンディ 笠松 8着
タイキサファリ 名古屋 9着
テンカタイヘイ 名古屋 10着
コガネウキョウ 名古屋 11着
第45回(2008年度) ミツアキタービン 笠松 8着
ケイエスゴーウェイ 高知 11着
第46回(2009年度) グランシュヴァリエ 高知 2着
マルヨフェニックス 笠松 8着
ファンドリコンドル 高知 13着
オグリオトメ 笠松 14着
第47回(2010年度) グランシュヴァリエ 高知 5着
マルヨフェニックス 笠松 6着
トウホクビジン 笠松 7着
コロニアルペガサス 笠松 9着
第48回(2011年度) グランシュヴァリエ 高知 6着
サムデイシュアー 高知 12着
ジャングルスマイル 金沢 13着
イーグルビスティー 高知 14着
第49回(2012年度) タンゴノセック 高知 8着
リワードレブロン 高知 11着
第50回(2013年度) オオエライジン 西脇 1着
ジャングルスマイル 金沢 6着
第51回(2014年度) ジャングルスマイル 金沢 9着
ニシノファイター 北海道 11着
第52回(2015年度) グルームアイランド 金沢 1着
ジャングルスマイル 金沢 7着
第53回(2016年度) ミッキーヘネシー 高知 5着
ジャングルスマイル 金沢 7着
トニーポケット 金沢 11着
ブレークビーツ 盛岡 13着
第54回(2017年度) グルームアイランド 金沢 8着
ストーンリバー 北海道 9着
メイジン 金沢 10着
第55回(2018年度) タガノゴールド 園田 5着
ナガラオリオン 金沢 12着
第56回(2019年度) ティモシーブルー 金沢 11着
タンクティーエー 金沢 12着
グルームアイランド 金沢 13着
ヤマミダンス 金沢 14着

地方全国交流となって以来、東海・高知勢の遠征が目立っていたが、近年は金沢からの遠征が多くなりつつある。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 令和 元 年 度 第 12 回川 崎 競 馬 競 走 番 組 (PDF)”. 川崎競馬公式Webサイト. 2020年1月2日閲覧。
  2. ^ 川崎競馬出走馬一覧表令和1年度第12回川崎競馬第3日1月3日(金) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2020年1月2日閲覧。
  3. ^ 第52回報知オールスターカップ(SIII)”. 川崎競馬倶楽部ブログ (2016年1月4日). 2016年1月16日閲覧。
  4. ^ 地方競馬全国協会『地方競馬史 第2巻』地方競馬全国協会、1974年、382頁、啓衆社『競週地方競馬』1964年8月号。また、当年分同誌に掲載されている「南関東重賞一覧」には、括弧書きで「旧 川崎記念」との記載がある。これは春の鞍→東京都ダービー、ホウセント記念→アラブ王冠賞 など、名称を変更して継続施行された重賞を表す際に用いられた表記である
  5. ^ フルネーム不詳