報道1930』(ほうどういちきゅうさんまる)は、BS-TBS2018年10月1日から、BS-TBS4Kで同年12月3日から、それぞれ毎週月曜日 - 金曜日19:30 - 20:54[1]JST)に生放送されている大型報道情報番組である。

報道1930
ジャンル 報道番組 / 情報番組
出演者 松原耕二(月 - 金)
高畑百合子(月曜、第3・4水曜、木曜担当)
出水麻衣(火曜、第1・2・5水曜、金曜担当) ほか
オープニング クリヤ・マコト「Deep Insight」
エンディング 同上
製作
制作 BS-TBS
放送
映像形式リアルタイム字幕放送
(2018年12月3日〜)
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2018年10月1日 -
放送時間平日 19:30 - 20:54
放送分84分
公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

BS-TBS2000年12月の開局以来、初めて放送する平日の大型報道情報番組である。日本BSデジタル放送ではすでにキー局系の他の民放局を中心に、『BSフジLIVE プライムニュース』(BSフジ・BSフジ4K)や『深層NEWS』(BS日テレ)などの報道番組を看板に据えており、本番組の始動は他局に「殴り込み」を仕掛ける体裁となった[2]

メインキャスターには『NEWS23X』(TBS)や『週刊報道 LIFE』(BS-TBS)などでキャスターを務めてきたTBS記者の松原耕二を起用し、月曜日と木曜日のサブキャスターには『ひるおび!・午前』内包の『JNNニュース』(TBS)からの異動となるTBSアナウンサー高畑百合子、火曜日・水曜日・金曜日のサブキャスターには『週刊報道 LIFE』で松原とコンビを組んできたTBSアナウンサーの出水麻衣がそれぞれ起用されることとなった。

月 - 金曜日19時30分という本番組の放送開始時刻は、19時開始の『NHKニュース7』(NHK総合)が終了し、月 - 金曜日20時開始の『BSフジLIVE プライムニュース』が始まる前の時間帯となる。BS-TBS編成局編成部長の佐藤秀一は、2018年9月4日に行われた同局の改編説明会で、「本番組の最大のポイントは、夜の7時30分からスタートするところ」「NHKさんから流れてくる、もっと深くニュースを知りたい、聞きたいという“ニュースコア層”をBSフジさんに先駆け、取り込んでいくことが最大の狙い」「地上波を含め、ニュースがない報道の未開拓ゾーン。ここにくさびを打ち込んで、BS-TBSが旗を立てる」とアピールしている[3]

なお、2018年12月1日にBS-TBS4Kが開局したが、開局後最初の放送日である同月3日より、本番組は4K制作に移行のうえ、同局でも放送開始した。

2019年12月から2020年8月まで、TBS FREEでインターネット同時配信を行っていた。

出演者編集

メインキャスター編集

サブキャスター編集

コメンテーター編集

コーナー編集

  • 「特集 ハードトークセッション」
    • 20時前後から放送されるコーナー。初回放送では前日に投開票された沖縄県知事選挙で初当選した玉城デニーと中継を結び、沖縄県知事選挙の背景を振り返ったほか、「1930 今夜の視点」コーナーから引き続き出演していた石破茂とのクロストークを展開した。

過去のコーナー編集

  • 「1930 文化情報部」(~2019年3月)
    • 番組の終盤に放送されるコーナー。日本各地の美術館博物館、話題の書籍映画など、「大人が明日、話題に出来る」情報を紹介する[4]

テーマ曲編集

スタッフ編集

  • チーフディレクター:石川瑞紀、紙谷常二、古賀淳也
  • プロデューサー:大浦剛
  • 制作協力:TBS SPARKLE
  • 製作著作:BS-TBS

脚注・出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集