堺市博物館(さかいしはくぶつかん)は、大阪府堺市堺区大仙公園内にある人文科学系の博物館。市制90周年記念事業として1980年に開館した。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 堺市博物館
SAKAI CITY MUSEUM
SakaicityMuseum.jpg
堺市博物館(正面)
堺市博物館の位置(大阪府内)
堺市博物館
大阪府内の位置
施設情報
館長 須藤健一
事業主体 堺市
建物設計 日建設計[1]
開館 1980年(昭和55年)
所在地 590-0802
大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁
大仙公園内
公式サイト 堺市博物館
プロジェクト:GLAM

目次

概要編集

博物館の展示構成は、「常設展・スポット展示」と「企画展・特別展」に大別される。常設展の展示コンセプトは「堺 -仁徳陵と自由都市-」で、大仙陵古墳(仁徳天皇陵)に代表される百舌鳥古墳群からの出土品、近世の自由都市「」の都市史等資料や鉄砲などの交易品、千利休与謝野晶子河井酔茗をはじめとする堺出身の著名人の資料などを展示し、古代から近代に至るまでの堺の歴史を紹介している。

開館当初は、堺にゆかりのある織田信長豊臣秀吉徳川家康千利休の声を、文献をもとに再現(モンタージュボイス)したコーナーが話題を集めた。

2011年10月、ユネスコが賛助する「アジア太平洋無形文化遺産研究センター(IRCI)」が館内に開設された。2013年には、籔内佐斗司による公式キャラクター「サカイタケルくん」が誕生した。

施設編集

堺市博物館では、百舌鳥古墳群について解説・案内する「百舌鳥古墳群ガイダンス施設」の整備に取り組んでいる。同施設が完成するまでの暫定施設として、2014年3月、博物館ロビーに「百舌鳥古墳群ガイダンスコーナー」を開設した。同コーナーには約200インチの大型スクリーンを有する「百舌鳥古墳群シアターシアター」を併設している。

主な収蔵品編集

重要文化財編集

  • 木造観音菩薩立像[2] 白檀製、飛鳥時代、堺市・円通寺旧蔵
  • 漆塗太鼓形酒筒 文明5年(1473)[3]
  • 大阪府陶邑窯跡群出土品[4]
    • 須恵器 2,572点
    • 窯道具類 3点
    • 瓦塼類 10点
  • 大阪府大野寺跡(土塔)出土品[5]
    • 刻書瓦 780点
    • 軒丸瓦残欠 2点 神亀四年の型押銘がある
    • 刻書須恵器残欠 4点
    • 銭貨残欠 2点
    • 附 刻書瓦残欠 294点
  • 旧浄土寺九重塔(石塔)[6] 嘉元二二(四)年(1306年)銘 大阪府千早赤阪村浄土寺(廃寺)旧所在

その他編集

  • 仁徳陵石室石棺図
  • 仁徳陵甲冑図
  • 仁徳陵出土人物埴輪・馬形埴輪
  • 大塚山古墳出土鉄製品
  • 陵南赤山古墳出土埴輪
  • 西洋古地図
  • 南蛮船(カラック)模型
  • 自由都市「堺」町並み模型
  • 堺鉄砲(火縄銃)
  • 堺市図(「モンタヌス日本誌」挿絵)
  • 菱垣廻船模型
  • 「近代の海辺」各種資料

周辺編集

大仙公園内には自転車博物館堺市立中央図書館日本庭園、堺市都市緑化センターなどの施設が点在する。

交通アクセス編集

歴代館長編集

建築概要編集

  • 竣工 - 1980年
  • 設立 - 1980年
  • 設計 - 日建設計
  • 所在地 - 〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2 大仙公園

出典編集

  1. ^ 第1回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -1981- (昭和56年)”. 大阪まちなみ賞. 2015年8月20日閲覧。
  2. ^ 平成2年6月29日文部省告示第92号
  3. ^ 昭和61年6月6日文部省告示第88号
  4. ^ 平成17年6月9日文部科学省告示第87号、指定当時の保管先は大阪府立泉北考古資料館
  5. ^ 平成28年8月17日文部科学省告示第116号
  6. ^ 昭和30年2月2日文化財保護委員会告示第2号
[ヘルプ]

外部リンク編集