塔ノ岳

丹沢山地の山

塔ノ岳(とうのだけ)は丹沢山地の南部にある標高1,491 mの山。神奈川県秦野市愛甲郡清川村足柄上郡山北町の境目に位置する。

塔ノ岳
Mt.Tonodake from Mt.Sannoto 01.jpg
三ノ塔から望む秋の塔ノ岳
標高 1,490.94 m
所在地 日本の旗 日本
神奈川県秦野市清川村山北町
位置 北緯35度27分14.5654秒
東経139度09分47.8558秒
座標: 北緯35度27分14.5654秒 東経139度09分47.8558秒
山系 丹沢山地
種類 山塊
塔ノ岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要編集

関東山地を構成する丹沢山地の一角をなし、丹沢大山国定公園に属す。山頂周辺はシカの食害が問題となっている。

塔ヶ岳・塔ノ峰・御塔・尊(孫)仏山(そんぶつさん)など多くの呼称を持つ。江戸時代末期から明治・大正・昭和期には近隣農村の人々が雨乞いや害虫除けを祈願する信仰登山で賑わった。また祭礼日の露天賭博にも近隣から多くの人が集まった。かつて山頂を約70mほど下った北斜面に別称の尊仏山の由来となった高さ二丈五尺(7m60cm、『新編相模国風土記稿』では五丈八尺とする)ほどの巨岩「尊仏岩」(黒尊仏、狗留孫仏)があって秦野盆地や山北町玄倉の人々の信仰を集めていた。また、江戸時代は山頂に一尺五寸(約45㌢)ほどの石塔があって、そこで日向山霊山寺(日向薬師)や登山口大倉の山伏たちが採灯護摩修行を行っていた[1]。塔ノ岳の山名はその塔に由来する。なお、山頂に建つ山小屋「尊仏山荘」の名は尊仏岩に由来している。尊仏岩は関東大震災の余震である丹沢地震 (M 7.3) で大金谷へ転落し現存しない。

登山編集

丹沢の山々の中でも展望の良さで知られ、天気がよければ富士山南アルプスといった山岳。房総半島や三浦半島、伊豆半島。海に浮かぶ遠方の島々まで360°の雄大な眺望を期待することができる。また首都圏に近く交通の便がよいため登山者に人気がある。北に丹沢山、東には新大日、南西には鍋割山などの山が位置する。登山者の増加により大倉尾根の侵食裸地化が問題となっており、植生復元の試みがなされているが、悪化する一方である。

登山道編集

登山道は、大倉より大倉尾根ヤビツ峠より表尾根の二本が一般的なルートである。この他に、二俣より小丸歩道(通称訓練所尾根)、札掛より長尾尾根塩水橋より天王寺尾根・丹沢山経由、あるいは鍋割山経由、戸沢出合より政次郎尾根か天神尾根、書策新道(かいさくしんどう, 廃道にて立ち入り禁止)、ユーシンより尊仏の土平(そんぶつのどたいら)を経て登る道などがある。

塔ノ岳山頂よりユーシンに向かう尾根を、高度100 m余り下ったところに不動の清水がある。丹沢の尾根筋では数少ない水場のひとつ。

登山施設編集

  • 尊仏山荘
  • 花立小屋
  • 堀山の家
  • 駒止茶屋
  • 見晴茶屋
  • 観音茶屋

この他にかつては山頂に日の出山荘が存在したが、80年代に閉鎖。再開されぬまま廃墟となり2013年3月に完全に撤去された。

塔ノ岳の風景編集

山頂からの眺望編集

周辺の山編集

丹沢主脈

表尾根

鍋割山稜

関連項目編集

参照編集

  1. ^ 「『黒尊佛山方之事』(『大山御師文書』)”. musictown2000.sub.jp. 2020年4月7日閲覧。
  2. ^ a b c d 山と高原地図 28.丹沢 2013 昭文社

外部リンク編集