メインメニューを開く

概要編集

関東山地を構成する丹沢山地の一角をなし、丹沢大山国定公園に属す。山頂周辺はシカの食害が問題となっている。

丹沢修験道の要であり、塔ヶ岳・御塔・尊(孫)仏山(そんぶつさん)など多くの呼称を持つ。中近世には近郊農村の雨乞いの場として、あるいは露天賭博の場としても賑わった。かつて山頂には別称の尊仏山の由来となった尊仏岩があり、お塔と呼ばれ信仰されていた。塔ノ岳の山名はその塔に由来する[要出典]。なお、山頂に建つ山小屋「尊仏山荘」の名もこの岩に由来している。この岩は関東大震災の余震である丹沢地震 (M 7.3) で大金谷へ転落し現存しない。

登山編集

天気がよければ富士山南アルプスといった山岳。房総半島や三浦半島、伊豆半島。海に浮かぶ遠方の島々まで360°の雄大な眺望を期待することができる。また首都圏に近く交通の便がよいため登山者に人気がある。北に丹沢山、東には新大日、南西には鍋割山などの山が位置する。登山者の増加により大倉尾根の侵食裸地化が問題となっており、植生復元の試みがなされているが、悪化する一方である。

登山道編集

登山道は、大倉より大倉尾根ヤビツ峠より表尾根の二本が一般的なルートである。この他に、二俣より小丸歩道(通称訓練所尾根)、札掛より長尾尾根塩水橋より天王寺尾根・丹沢山経由、あるいは鍋割山経由、戸沢出合より政次郎尾根か天神尾根、書策新道(かいさくしんどう, 廃道にて立ち入り禁止)、ユーシンより尊仏の土平(そんぶつのどたいら)を経て登る道などがある。

塔ノ岳山頂よりユーシンに向かう尾根を、高度100 m余り下ったところに不動の清水がある。丹沢の尾根筋では数少ない水場のひとつ。

登山施設編集

  • 尊仏山荘
  • 花立小屋
  • 堀山の家
  • 駒止茶屋
  • 見晴茶屋
  • 観音茶屋

この他にかつては山頂に日の出山荘が存在したが、80年代に閉鎖。再開されぬまま廃墟となり2013年3月に完全に撤去された。

塔ノ岳の風景編集

山頂からの眺望編集

周辺の山編集

丹沢主脈

表尾根

鍋割山稜

関連項目編集

参照編集

  1. ^ a b c d 山と高原地図 28.丹沢 2013 昭文社

外部リンク編集