塗仏の宴 宴の始末

塗仏の宴 宴の始末
著者 京極夏彦
発行日 1998年9月20日
発行元 講談社
ジャンル 推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 講談社ノベルス新書判
ページ数 635
前作 塗仏の宴 宴の支度
次作 陰摩羅鬼の瑕
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

塗仏の宴 宴の始末』(ぬりぼとけのうたげ うたげのしまつ)は京極夏彦の長編推理小説妖怪小説。百鬼夜行シリーズ第七弾である。『塗仏の宴』は『宴の支度』と本作『宴の始末』との二部作となっている。

目次

書籍情報編集

あらすじ編集

関口巽は殺人容疑で逮捕。榎木津礼二郎と木場修太郎は行方不明。中禅寺敦子は何者かに連れ去られてしまう。そんな中、京極堂の指示で事件のキーパーソンらを集めるべく、青木文蔵、鳥口守彦、益田龍一の三人は静岡県韮山に足を運ぶ。しかし時既に遅く、「成仙道」、「韓流気道会」、「太斗風水塾」、さらに華仙姑処女、藍童子、尾国誠一らが続々と韮山に集結し、さらには地元警察も巻き込んで大乱闘を繰り広げていた。そんな中、京極堂もまた川島新造らを伴って韮山へと向かう。消滅した村、「戸人村」。そこに数千年前から居るという不老不死「くんほう様」とは一体何者か。村人五十人鏖殺事件は本当にあったのか。様々な謎が解きほぐされ、ついに姿を現した黒幕、「ゲーム判定者(ジャッジ)」と京極堂の戦いが始まる。

登場人物編集

主要登場人物は百鬼夜行シリーズを、『宴の支度』からの登場人物は当該項目を参照。

村上貫一(むらかみかんいち)
静岡県警下田署の刑事。愛称は「カンさん」。
村上美代子(むらかみみよこ)
貫一の妻。息子が行方不明になったことで「成仙道」に入信してしまう。
村上隆之(むらかみたかゆき)
貫一と美代子の息子。
村上福一(むらかみふくいち)
貫一と兵吉の父。
有馬汎(ありまわたる)
静岡県警下田署の刑事。階級は警部補。愛称は「ボンさん」。刑事課の中ではかなり高齢。
緒崎(おざき)
静岡県警下田署の刑事。愛称は「ザキさん」。関口の取り調べをする。
太田(おおた)、下山(したやま)、戸ヶ崎(とがさき)、武居(たけい)
静岡県警下田署の刑事。
西野(にしの)
静岡県警下田署の警官。刑事課ではない。
山辺(やまべ)
有馬の友人で、貫一の住居と職を世話してくれた恩人。
河原崎松藏(かわらざきまつぞう)
警視庁目黒署捜査二課の刑事。岩川の部下だった。
保田作治(やすださくじ)
木場の妹の夫(木場の義弟)。公務員。
保田百合子(やすだゆりこ)
木場の妹で作治の妻。「みちのおしえ修身会」にのめり込んでいる。
木場徳太郎(きばとくたろう)
木場の父。三ヶ月前に脳溢血で倒れ、一命は取り留めたものの、右半身に麻痺が残ってしまう。
留(とめ)
木場石材店で働く男性。先代から勤めている。木場を修ッ公(しっこう)、百合子を百合坊(ゆりぼう)と呼ぶ。
韓大人(かんたいじん)
気功武術団体「韓流気道会」会長。
黒川玉枝(くろかわたまえ)
内藤赳夫の内縁の妻。久遠寺医院の看護婦をしていた。
司喜久男(つかさきくお)
上野界隈に顔の利くちんぴら風の男。黒川の手助けをする。榎木津や木場の知り合い。
福(ふく)
通称、「駱駝の先生」。司の親分格。かつて画家だったらしい。
木村よね子(きむらよねこ)
加藤家家政婦。
小沢(おざわ)
清水の不動産屋、桑田組の構成員。南雲正陽の依頼を受け、韮山にやって来た。
曹方士(そうほうし)
新興宗教「成仙道」の教祖。不気味な仮面を着けている。
小畠祐吉(おばたゆうきち)
かつての戸人村の住人。
久能政五郎(くのうまさごろう)
かつての戸人村の住人。
久能シゲ(くのうしげ)
かつての戸人村の住人。政五郎の妻。
八瀬重慶(やせしげよし)
かつての戸人村の住人。

関連項目編集