メインメニューを開く

塚原 史(つかはら ふみ、男性、1949年3月12日[1]- )は、日本のダダイスムシュルレアリスム研究者、早稲田大学名誉教授。ジャン・ボードリヤールらフランス現代思想の翻訳でも知られる。 父は児童文学・フランス文学の塚原亮一、祖父は児童文学者の塚原健二郎[2](日本児童文学者協会第7代会長)。

目次

経歴編集

東京都出身。早稲田大学政治経済学部政治学科卒、京都大学大学院文学研究科(フランス語フランス文学専攻)修士課程修了、パリ第3大学博士課程中退。早稲田大学大学院文学研究科(フランス文学専修)博士課程修了。早大法学部専任講師、助教授を経て、法学学術院教授、早稲田大学會津八一記念博物館館長。2019年退任。早稲田大学名誉教授。早大都市と美術研究所顧問。トリスタン・ツァラ文化文学協会(ルーマニア)名誉会員。

専攻は、表象文化論、現代思想。アヴァンギャルド芸術の思想史的研究を通じて、ダダや未来派の「切断」と「反逆」の発想を、ポストモダン以後の現代思想やアーティスト荒川修作松澤宥らの思考実験の展開などと関連づけて探求している。

パリ留学中に今村仁司の勧めでボードリヤール『消費社会の神話と構造』を翻訳。その後ボードリヤールと交流し、95年にボードリヤール×吉本隆明公開討論「世紀末を語る―消費社会の行方」、2003年にはボードリヤール早大講演「グローバリズムと暴力」を企画実現。また1990年代からは荒川修作(1936-2010)と親交を深め、2008年には東京国立近代美術館で荒川と対談した。

国際的な活動としては、2005年にパリ・ポンピドゥー・センターのダダ回顧展を機に出版された国際論集DADA CIRCUIT TOTAL (L’AGE D’HOMME) に執筆、ルーマニアのツァラ協会機関誌CAHIERS TRISTAN TZARA / CAIETELE TRISTAN TZARAに寄稿している。2000年代に入ってアヴァンギャルド研究三部作に取り組み、『反逆する美学』(2008)、『切断する美学』(2013) 『模索する美学』(2014)を刊行。

2008年の著書『反逆する美学』は、桑野隆から「芸術・美学の『反逆』可能性に微かなりとも望みを抱いている者にとって必読の書」(表象文化論学会ニューズレター「REPRE vol.07」)と評された。また、岡本太郎「太陽の塔」を バタイユ、モースらの 1930年代フランス思想と結びつけた大胆な解釈の提案でも知られる。2012年9月から2019年3月まで早稲田大学會津八一記念博物館館長を兼任。

2014年に「荒川修作の軌跡―天命反転、その先へ」展、2016年に「チューリッヒ・ダダ100周年―ダダイスト・ツァラの軌跡と荒川修作」展を開催し、ダダ展に関しては朝日新聞紙上で「「何も意味しない」ゆえのとらえ難さもあるダダだが、「見慣れた世界を再び『未知のもの』に変える力がある」と塚原史・早稲田大教授(表象文化論)は語る」(2016年7月1日号)と紹介された。


著書

  • 『プレイバック・ダダ トリスタン・ツァラの冒険と、その後』白順社、1988
  • 『終末のソリチュード』紀伊國屋書店、1992
  • 『言葉のアヴァンギャルド ダダと未来派の二〇世紀』講談社現代新書、1994
  • 『アヴァンギャルドの時代 1910年-30年代』未來社、1997
  • 『記号と反抗 二十世紀文化論のために』人文書院、1998
  • 『人間はなぜ非人間的になれるのか』ちくま新書、2000 
  • 『20世紀思想を読み解く』ちくま学芸文庫、2011
  • 『ボードリヤールという生きかた』NTT出版・ライブラリーレゾナント、2005
  • 『反逆する美学 アヴァンギャルド芸術論』論創社、2008
  • 『ボードリヤール再入門 消費社会論から悪の知性へ』御茶の水書房・神奈川大学評論ブックレット、2008 
  • 『荒川修作の軌跡と奇跡』NTT出版、2009
  • 『切断する美学 アヴァンギャルド芸術思想史』論創社、2013
  • 『模索する美学 アヴァンギャルド社会思想史』 論創社、2014
  • 『ダダイズム 世界をつなぐ芸術運動』岩波書店岩波現代全書、2018

共著編著編集

訳書編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 健二郎の著作権継承者が史。

外部リンク編集