塚原 太郎(つかはら たろう)は日本の官僚。防衛省衛生監や、厚生労働省近畿厚生局長を務めた。

栃木県立大田原高等学校を卒業し、1984年自治医科大学医学部を卒業。

1990年に厚生省大臣官房厚生科学課課長補佐、1998年に保健医療局国立病院部政策医療課課長補佐、2003年に長崎県福祉部長、2005年に厚労省健康局結核感染症課長。2006年に自治医科大学地域医療学センター教授 兼 卒後指導部長。2010年厚生科学課長[1]。2012年農林水産省大臣官房審議官[2]。2013年環境省総合環境政策局環境保健部長[3]。2014年防衛省衛生監[4]。2017年厚生労働省近畿厚生局[5]

脚注編集


先代:
佐藤敏信
環境省環境保健部長
2013年 - 2014年
次代:
北島智子
先代:
鈴木康裕
防衛省衛生監
2014年 - 2017年
次代:
田原克志
先代:
丸山浩
厚生労働省近畿厚生局長
2017年 - 2019年
次代:
泉陽子