塚本 連平(つかもと れんぺい、1963年2月24日 - )は、日本テレビドラマ演出家映画監督フリーランス。主な代表作品は『時効警察』『ドラゴン桜』『着信アリ2』『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『今日も嫌がらせ弁当』。岐阜県瑞浪市土岐町(現在の土岐市)出身。日本大学芸術学部映画学科監督コース出身。血液型はRh-A型。

つかもと れんぺい
塚本 連平
生年月日 (1963-02-24) 1963年2月24日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 岐阜県瑞浪市土岐町(現在の土岐市
血液型 Rh-A型
職業 映画監督テレビドラマ演出家
ジャンル 映画テレビドラマ
事務所 フリーランス
主な作品
時効警察
ドラゴン桜
着信アリ2
ぼくたちと駐在さんの700日戦争
今日も嫌がらせ弁当
テンプレートを表示

来歴 編集

主に映画テレビドラマ監督脚本家としても『時効警察』等のドラマに参加している。映画『かずら』では福田雄一と共同脚本。企画プロデューサーとしてもドラマ、映画、更に情報バラェテイも開発に携わる。

演出デビュー作(兼プロデューサー)の『寝ないで超Z級映画』では、町山智浩柳下毅一郎と共に2時間三夜に渡って世界のZ級映画を紹介。世界のジャンル映画、アホ映画のマニアでもある。「Z級映画」の名付け親。映画業界に入ろうと思った動機は、中学生の頃に兄に連れられて映画館で初めて洋画『最後の猿の惑星』『ゲッタウェイ』二本立てを観て、映画が好きになり、監督になりたいと思った。

座右の銘は「だめでもともと、出来たらラッキー」。尊敬する人はスティーヴン・キング。将来の夢は海外で話題になる映画を作る。百歳を超えても”しょーもない”と言われる映画・ドラマを撮りつづけたい[1]

略歴 編集

監督作品 編集

映画 編集

テレビドラマ 編集

映画・テレビドラマ以外 編集

  • 『寝ないで超Z級映画』(1995年・1996年、TBS、演出・プロデュース)

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集