メインメニューを開く
塚本靖

塚本 靖(つかもと やすし、1869年3月27日明治2年2月15日) - 1937年昭和12年)8月9日)は、日本の建築家東京帝国大学において建築意匠・装飾・工芸の研究・指導に当たった。号は准亭。

経歴編集

京都生まれ。1893年東京帝国大学工科大学造家学科卒業、明治美術学校講師嘱託となる。その後、1899年東京帝国大学工科大学助教授、1920年同教授となり、多くの後進の指導に当たった。1920年工学部部長を務めたのち、1929年に退官し、名誉教授となった。

また、1899年から1902年にかけてのヨーロッパ留学、1906年から1908年にかけての工芸品意匠調査のための清国出張、1909年日英博覧会のためのイギリス派遣などにより、専門の西洋建築史のみならず、美術・工芸にも造詣が深く、建築・工芸の懸賞競技・展覧会の審査員なども多く務めた。

また、東京帝室博物館(昭和12年)の建設では建築設計調査委員として参加した。

建築界においても、辰野金吾をよく支えるとともに、1923年から1924年にかけて建築学会会長を務めた。1937年新設の帝国芸術院会員となるが同年死去。享年68。

栄典編集

作品編集

 
ソウル駅旧駅舎
  • 渡辺和太郎別邸(1903年)
  • 御料車内外部装飾(1897年)
  • 東京帝国大学工学部講堂・教室(1919年)
  • 京城停車場本屋(ソウル駅旧駅舎、1925年、史跡284号)

著書編集

  • 支那建築(1929年、関野貞と共著)
  • 天目茶碗考(1935年)
  • 日光廟建築論(大澤三之助共著、明治36年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第3026号「叙任及辞令」1922年9月1日。