メインメニューを開く

塚田 正夫(つかだ まさお、1914年大正3年)8月2日 - 1977年昭和52年)12月30日)は、将棋棋士名誉十段。実力制第二代名人。日本将棋連盟会長(1974年 - 1976年)[1]勲四等旭日小綬章(追贈、1978年)。紫綬褒章(1975年)。花田長太郎九段門下。棋士番号は11。東京都文京区出身。

 塚田正夫 名誉十段
Tsukada Masao.JPG
1952年
名前 塚田正夫
生年月日 (1914-08-02) 1914年8月2日
没年月日 (1977-12-30) 1977年12月30日(63歳没)
プロ入り年月日 1932年1月1日(17歳)(四段)
棋士番号 11
出身地 東京都文京区
師匠 花田長太郎九段
永世称号 永世九段
段位 名誉十段
戦績
タイトル獲得合計 6期
一般棋戦優勝回数 4回
2018年2月27日現在

目次

棋歴編集

1927年、花田長太郎に入門。東京棋界の新鋭となり、塚田、坂口允彦建部和歌夫は「昭和の三銃士」と呼ばれた。

1947年、戦前から無敵を誇っていた木村義雄名人を破って名人位を獲得。実力名人制となって以降、2人目の名人となる。翌年は大山康晴の挑戦を退けて防衛したが1949年に木村に敗れて失冠。この名人戦の最終第五局(この年だけ五番勝負だった)は「済寧館の決戦」といわれた名勝負となったが、塚田の潔い投了が話題となった[2]

一方、九段戦(のちの十段戦、現在の竜王戦)では3連覇(その後4連覇まで記録を伸ばす)した功績により初の「永世九段」となる。なお、1958年に段位としての九段昇段規定が新設され、大山康晴と升田幸三が九段に昇段したが、塚田は、九段戦防衛により保持していた「タイトルとしての九段」を1956年に失冠してからは、永世称号に基づき「段位としての九段」を称していた。

1960年の第1期王位戦、1962年の第1期棋聖戦でタイトル戦登場を果たすが、いずれも大山康晴に敗れた。名人失冠後の順位戦では、4度の挑戦者決定プレーオフで敗退する等、再度の名人挑戦・復位は果たせず、晩年にはB級1組に陥落したが、塚田はB級1組に陥落して以降も現役を続けた最初の名人経験者である[3]

1974年に将棋会館建替え問題のために加藤治郎会長を始め全理事が退任、その後任として将棋連盟会長に就任。在任中には名人戦問題で揺れる将棋界の舵取りに尽力した。

1977年12月、現役のまま死去。63際没。

没後、将棋界でただ一人の「名誉十段」を追贈される。さらに、1989年には実力制第二代名人を追贈される(升田幸三に贈るために「実力制第○代名人」の称号がこの年制定されたため)。

人物編集

詰将棋作家としても有名であり、プロ棋士による詰将棋作品集の草分け的存在でもあった。塚田の名を冠した「塚田賞」という賞があり、毎年優れた詰将棋作品を『近代将棋』誌上で表彰していた(『近代将棋』は2008年に休刊)。

無口な人物で、を愛し、後輩の棋士が話しかけたところ「やあ君も一杯どうだい」とワンカップをすすめられたなどの逸話が残る。升田幸三は大の親友であった。

河口俊彦は、塚田の人柄を下記のように評している[2]

新人類棋士は純粋培養型だが、考えてみると、塚田はそのはしりだった。将棋一筋、俗事に関りを持たず、人付き合いは気のおもむくまま。野球と映画を見るくらいが楽しみで、あとは奥さんと酒だった。 — 河口俊彦、[2]

将棋界では、先輩が後輩におごり、おごられた後輩は自分が「先輩」になったら後輩におごる、という文化がある[4]。しかし、塚田は棋士と飲む時は、相手が20かそこらの新四段であっても必ず割り勘を通した[2]。これは、塚田がケチであったから、という訳ではなく、「後輩棋士であっても盤上で戦う相手。おごるのは間違い」という塚田の考えから来るものであった[4]。その証拠に、塚田は相手が棋士でなければ、気前よくおごっていたとのこと[4]

昇段履歴編集

  • 1927年 入門
  • 1932年1月1日 四段
  • 1933年 五段
  • 1935年 六段
  • 1938年 七段
  • 1940年 八段

以下、タイトル称号

  • 1954年11月27日 永世九段(九段のタイトル3期)
  • 1978年1月16日 名誉十段(追贈)
  • 1989年 実力制第二代名人(追贈)

成績編集

獲得タイトル編集

  • 名人 2期(第6期 - 第7期)
    順位戦A級以上 28期
  • 九段 4期(第3期 - 第6期) - 永世九段
獲得合計6期
タイトル戦全成績
年度 タイトル 勝敗 相手 備考
1947 名人 ●●持○○○○ 木村義雄 奪取
1948 名人 ●○○●千○○ 大山康晴 防衛
1949 名人 ○●○●● 木村義雄 防衛失敗
1952 九段 ○●○千●○ 大山康晴 奪取
1953 九段 ○○○ 花村元司 防衛
1954 九段 ○○○ 松田茂役 3連覇、永世九段
1955 九段 ●●○○○ 花村元司 4連覇
1956 九段 ○●●●● 升田幸三 防衛失敗
1960 王位 ●千●●○● 大山康晴 (第1期王位戦)
1962 棋聖・後 ●○●● 大山康晴 (第1期棋聖戦)

一般棋戦優勝編集

優勝合計4回

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 創立・沿革|将棋連盟について」『日本将棋連盟』。2018年6月12日閲覧。, オリジナルの2016-6-12時点によるアーカイブ。
  2. ^ a b c d 河口 1996, pp. 103-108, 金の感覚
  3. ^ 名人位獲得以降に順位戦B級1組へ降格せず現役を引退した名人経験者は、木村義雄・升田幸三とA級在籍のまま逝去した大山康晴の3人である。(2017年時点)
  4. ^ a b c 石田 2018, pp. 129-131, 2章 棋士として-先輩と後輩

参考文献編集

  • 石田和雄 『棋士という生き方』 イースト・プレス(イースト新書)、2018年。 
  • 河口俊彦 『人生の棋譜 この一局』 新潮社、1996年。ISBN 4-10-377202-6 

関連項目編集

外部リンク編集