メインメニューを開く

塚田 理(つかだ おさむ、1929年12月31日 - 2016年11月15日)は、日本神学者立教大学名誉教授。第15代立教大学総長。

目次

経歴編集

新潟県上越市出身。立教大学文学部卒業。聖公会神学院卒業。オックスフォード大学大学院修了。

1957年より日本聖公会名古屋学生センター主事、聖公会神学院を経て立教大学文学部キリスト教学科勤務。

その後、同大学文学部長、大学総長(第15代)、立教学院院長を歴任。[1]

著書・訳書編集

著書編集

  • 『イギリスの宗教』聖公会出版、1980年
  • 『天皇制下のキリスト教』聖公会出版、1981年
  • 『象徴天皇制とキリスト教』聖公会出版、1990年
  • 『初期日本聖公会の形成と今井寿道』聖公会出版、1992年
  • 『教会の革新―女性司祭の叙任について』聖公会出版、1993年
  • 『キリストと共に生きる 』聖公会出版、1996年
  • 『イングランドの宗教―アングリカニズムの歴史とその特質』教文館、2004年
  • 『聖公会の伝統を探る』聖公会出版、2012年

訳書編集

  • A.R.ピーコック 『神の創造と科学の世界』 関正勝 共訳、聖公会出版、1983年

出典編集

  1. ^ イングランドの宗教―アングリカニズムの歴史とその特質” (日本語). 紀伊國屋書店ウェブストア. 2018年10月27日閲覧。