塩原 太助(しおばら たすけ、寛保3年2月3日1743年2月26日) - 文化13年閏8月14日1816年10月5日))は、三遊亭円朝の「塩原多助一代記」で有名な江戸時代の豪商。幼名は彦七。裸一貫から身を起こし、大商人へと成長。「本所に過ぎたるものが二つあり、津軽屋敷に炭屋塩原」と歌にまで詠われるほどの成功をおさめた。こうしたサクセスストーリーが、多くの人々の心をつかんだ。戦前には立志伝型人物として教科書にも登場した。

塩原太助と愛馬「あお」の銅像(群馬県みなかみ町)

経歴編集

  • 1743年 上野国利根郡新治村(現在の群馬県みなかみ町)に生まれる。
  • 1761年 江戸に出る。
  • 1785年 炭屋山口屋で奉公。勤勉な働きぶりで蓄財に励む。後に独立し、大商人に成長。
  • 木炭の粉に海藻を混ぜ固めた炭団を発明し大成功する。[1]
  • 富豪になってからも謙虚な気持ちで清潔な生活を送り、私財を投じて道路改修や治水事業などを行った。
  • 1816年 死去。墓は万年山東陽寺(東京都足立区東伊興)。

奉納・寄進編集

後世編集

塩原太助を扱った作品編集

歌謡曲編集

関連施設編集

  • 太助の郷(群馬県利根郡みなかみ町新巻497) - 資料館、農産物直売所[3]
  • 塩原太助生家(同)[4]
  • 塩原太助馬つなぎの松(群馬県吾妻郡高山村中山) - あおとの別れの際につないだ松で、現在のものは2代目にあたる[5]

脚注編集

  1. ^ 猪名川町「いながわ歴史ウォーク > 第69話 木炭製造と炭団」
  2. ^ NO.164 上毛かるた 「ぬ」の札(2015年12月号)”. コープぐんま. 2021年5月8日閲覧。
  3. ^ 太助の郷”. 全国観るなび. 日本観光振興協会. 2021年5月8日閲覧。
  4. ^ 塩原太助生家”. 全国観るなび. 日本観光振興協会. 2021年5月8日閲覧。
  5. ^ 塩原太助馬つなぎの松”. 全国観るなび. 日本観光振興協会. 2021年5月8日閲覧。