メインメニューを開く
化学組成による火山岩の分類

塩基性岩(えんきせいがん、: basic rock[1])とは、SiO2含有量(重量%)が45-52%の岩石。この「塩基性」という語は、化学で用いられるのとは意味が異なる。

苦鉄質鉱物(マフィック鉱物)と珪長質鉱物(フェルシック鉱物)の量比から定義された苦鉄質岩(マフィック岩)とほぼ同じ意味で用いられることも多いが、定義が異なる。

目次

主な塩基性岩編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、20頁。ISBN 4-8181-8401-2[リンク切れ]

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集