メインメニューを開く

塩州

塩川郡から転送)

塩州(鹽州、えんしゅう)は、中国にかつて存在した州。現在の陝西省定辺県および寧夏回族自治区塩池県一帯に設置された。

目次

南北朝時代編集

西魏により設置された西安州を前身とする。553年廃帝3年)、塩州と改められた[1]

隋代編集

隋朝が成立すると当初は塩州が設置され、1郡1県を管轄した。607年大業3年)には、郡制施行に伴い塩川郡と改称され、下部に1県を管轄した[2]。隋朝の行政区分に関しては下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
塩州 塩川郡
大興郡 五原県
五原県

唐代編集

618年武徳元年)、により塩川郡は塩州と改められた。742年天宝元年)、塩州は五原郡と改称された。758年乾元元年)、五原郡は塩州と改称された。塩州は夏州都督府に属し、五原・興寧の2県を管轄した[3]786年貞元2年)、吐蕃が塩州を攻め落とした[4]793年(貞元9年)、唐が塩州城を再び築いた[5]

宋代編集

北宋のとき、塩州は李元昊に占領された[6]

脚注編集

  1. ^ 周書』文帝紀下
  2. ^ 隋書』地理志上
  3. ^ 旧唐書』地理志一
  4. ^ 『旧唐書』徳宗紀上
  5. ^ 『旧唐書』徳宗紀下
  6. ^ 続資治通鑑』宋紀四十一景祐四年