メインメニューを開く

塩田 千春(しおた ちはる、1972年-)は、ベルリン在住の現代美術家大阪府岸和田市出身。2010年度より京都精華大学客員教授[1][2]

塩田千春
国籍 日本の旗 日本
公式サイト www.chiharu-shiota.com

大阪府立港南造形高等学校卒業。京都精華大学洋画科卒業。1993年からオーストラリア国立大学(ANU)キャンベラスクールオブアートに交換留学生として留学。1996年、ハンブルク美術大学(HfbK)に入学。1997年から99年まで、ブラウンシュバイク美術大学(HBK)にてマリーナ・アブラモヴィッチに師事。1999年から2003年までベルリン芸術大学(UDK)にてレベッカ・ホーンに師事する。

2008年には、平成19年度 芸術選奨新人賞、平成19年度 咲くやこの花賞 美術部門受賞。
2015年には第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展で日本代表に選出され「掌の鍵」を日本館で展示した[3]

金沢21世紀美術館には『記憶の部屋』という旧ベルリンの窓を集めて作った作品がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年度新任教員12名が就任します”. 京都精華大学 (2010年3月23日). 2012年9月8日閲覧。
  2. ^ 芸術学部 造形学科。 塩田 千春”. 京都精華大学. 2012年9月8日閲覧。
  3. ^ 第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館”. The Japan Foundation. 2015年12月10日閲覧。

外部リンク編集