メインメニューを開く
重要な役割を担う御座船の鳳凰丸(2代目)

塩竈みなと祭しおがまみなとまつり)は宮城県塩竈市にて毎年7月第3月曜日(海の日)に実施される祭り広島県廿日市市宮島町厳島神社で実施される管絃祭神奈川県真鶴町貴船神社で実施される貴船まつりとあわせ、日本三大船祭りとされている。

目次

概要編集

 
鹽竈神社
 
塩竈みなと祭前夜祭花火大会の様子

港町として栄える塩竈の経済発展と、戦後の疲弊した市民の元気回復を祈願し、1948年から開始された。毎年7月の第三月曜日(海の日)に開催される[1]鹽竈神社、境内の志波彦神社よりそれぞれ神輿を繰り出し市内を練り歩いた後、塩竈港に待つ御座船(龍鳳丸、鳳凰丸)へ乗り入れ、海上を巡幸する。海上では100隻を超える漁船大漁旗を掲げて御座船を追随し、太鼓などを鳴らしながら囃す。市内では「よしこの鹽竈」、「塩竈甚句」などのパレード花火大会も催される。

神輿海上御渡編集

神輿をそれぞれ鳳凰丸、龍鳳丸[2]と名付けられた御座船に乗せ、海を渡らせる神輿海上御渡は東北地方で初めての試みとなった。これは鹽竈神社に祀られた鹽土老翁神への感謝の気持ちを表したもので、江戸時代仙台藩で実施された松島湾内遊覧の為の御用船が原点であるとされている[3]

鳳凰丸
船先に鳳凰を模したカラフルな船で、塩竈みなと祭の中心行事の重要な役所として初回より使用されている。1965年に2代目鳳凰丸が建造され、就航している。
龍鳳丸
塩竈市の漁業関係者により新魚市場開設を記念して1964年に志波彦神社に神輿とともに奉献された。建造された年の干支辰年)にちなみ、船先をに模している。

脚注編集

  1. ^ 元来は鹽竈神社の例祭にあわせ、7月10日に実施されていたが、1963年より8月5日に変更、2005年より海の日に変更された。
  2. ^ 龍鳳丸は1964年から。
  3. ^ 管田正昭『日本の祭り』(ISBN 9784408106816

関連項目編集

外部リンク編集