メインメニューを開く

株式会社塩見ホールディングス(しおみホールディングス、: Shiomi Holdings Corporation)は、かつて東京都千代田区に本社を置いていた持株会社

株式会社 塩見ホールディングス
Shiomi Holdings Corporation
種類 株式会社
市場情報
大証2部(廃止) 2414
2004年9月28日 - 2011年11月8日
略称 塩見HD
本社所在地 日本の旗 日本
101-0044
東京都千代田区鍛冶町一丁目6番1号
本店所在地 732-0056
広島県広島市東区上大須賀町9番14号
設立 2004年平成16年)9月28日
業種 建設業
事業内容 子会社の経営管理を行う持株会社
代表者 破産管財人 武井洋一
資本金 30億1742万9千円
(2011年3月31日現在)
発行済株式総数 1億2665万4401株
(2011年3月31日現在)
売上高 連結:3億8888万7千円
(単独:5065万7千円)
(2011年3月期)
営業利益 連結:△5億0885万4千円
(単独:△8億4807万5千円)
(2011年3月期)
純利益 連結:20億7383万3千円
(単独:13億2284万4千円)
(2011年3月期)
純資産 連結:3億3299万5千円
(単独:△17億0707万7千円)
(2011年3月31日現在)
総資産 連結:151億7962万5千円
(単独:81億2249万5千円)
(2011年3月31日現在)
従業員数 連結:19名 (単独:2名)
(2011年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)ベネフィットアロー 50.82%
大阪証券金融(株) 3.10%
尾池 善彦 0.97%
(2011年3月31日現在)
主要子会社 (株)塩見(不動産賃貸事業) 100%
(株)塩見ファクター(金融関連事業) 100%
特記事項:『継続企業の前提に関する重要な疑義』の注記有
テンプレートを表示

概要編集

2004年(平成16年)9月28日大証2部上場の広島県を地盤とする建設設計会社・株式会社塩見の株式移転により完全親会社として設立。

建設総合コンサルタントグループを目指して積極的なM&Aを行い、2008年(平成20年)3月期末には設計、建設、建材事業などを核とする連結子会社23社を抱える企業グループに拡大した。

しかし、世界金融危機に端を発する市況悪化に伴い業績が急激に悪化。

拡大戦略から転換し、経営立て直しに向けて子会社や保有不動産の整理・売却を進めていたが、2012年(平成24年)5月14日に債権者から破産を申し立てられ、同年7月18日に東京地方裁判所から破産手続開始決定を受けた[1]

沿革編集

  • 2004年(平成16年)5月 - 株式会社塩見の取締役会において、株式移転により完全親会社を設立することを決議。
  • 2004年(平成16年)9月21日 - 株式会社塩見(銘柄コード:2364)、大証2部上場廃止。
  • 2004年(平成16年)9月28日 - 株式会社塩見ホールディングス設立。大証2部に上場。銘柄コード:2414。
  • 2008年(平成20年)10月1日 - 広島県広島市東区から東京都千代田区内神田に本社移転。
  • 2009年(平成21年)2月 - スポンサーであったSFCGが民事再生の手続開始を申立。[2]
  • 2009年(平成21年)7月1日 - 東京都千代田区鍛冶町に本社移転。
  • 2011年(平成23年)1月 - 本店所在地を広島市に変更。
  • 2011年(平成23年)11月8日 - 大証2部上場廃止。
  • 2012年(平成24年) 7月18日 -東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。(負債総額125億1386万円)

脚注編集