メインメニューを開く

塩谷 太郎(しおや たろう、1903年 - 1996年、正字では鹽谷[1]は日本の翻訳家

群馬県[1]桐生市生まれ。群馬県立桐生高等学校出身。東京外国語学校(現・東京外国語大学)ドイツ語部[1]を卒業。商社勤務を経て[1]翻訳家になる。ドイツ語圏、英語圏の児童文学・ノンフィクションなどを日本語に翻訳した。最初の訳書はおそらく1941年のテオドル・シュトルム『少女ローレ』(改造社)。(ヴィツキー・バウムの長篇 Das große Enimaleins を訳出したが、出版に至っていない。[2])

ドイツ語からの訳書としてはシュトルム『一本⻆の野牛』(墨水書房、1941年)、ヴィルヘルム・ハウフ『アレッサンドリア物語』(学研、1970年)、ミヒャエル・エンデ『ジム=ボタンの機関車大冒険』(講談社、1974年)、エーリッヒ・ケストナー『点子ちゃんとアントン』(講談社、1965年)、ミラ・ローベ『りんごの木の上のおばあさん』(学研、1969年)、フェーリクス・ザルテンバンビ物語』(講談社、1953年)などが挙げられる。英語からの訳書にはハワード・カーター『ツタンカーメン王のひみつ』(講談社、1965年)、H・R・ハガード『モンテズマの王女』(平凡社、1957年)、H・G・ウェルズ『タイムマシン』(岩崎書店、1972年)などある。

訳書の総数は約200冊に上る。日本児童文学者協会および日本児童文芸家協会に所属した。

出典編集

  1. ^ a b c d キャロリン・キーン著、塩谷太郎訳『緑の屋敷の秘密 - 少女探偵ナンシー』(金の星社、1999年、ISBN 4-323-09006-4)の訳者紹介欄
  2. ^ ヴィツキー・バウム, 塩谷太郎 訳,『昨日も明日も』昭森社, 1942 あとがき

関連項目編集