メインメニューを開く

塩釜埠頭駅(しおがまふとうえき)は、かつて宮城県塩竈市海岸通15番地にあった、塩釜港に隣接する日本貨物鉄道(JR貨物)塩釜線貨物駅廃駅)。1994年平成6年)に休止され、1997年(平成9年)に廃止された。跡地はイオンタウン塩釜となっている。

塩釜埠頭駅*
1989年5月撮影
1989年5月撮影
しおがまふとう
Shiogama-futō
陸前山王 (4.9km)
所在地 宮城県塩竈市海岸通15番地
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 塩釜線
キロ程 4.9km(陸前山王起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1887年明治20年)12月15日
廃止年月日 1997年平成9年)4月1日
*1986年昭和61年)10月20日に塩釜港駅を統合
1990年(平成2年)4月1日に旧・塩釜港駅へ移転
テンプレートを表示

営業キロ設定上の塩釜埠頭駅はもともと貞山通1丁目に置かれていたが、1990年(平成2年)にかつて塩釜港駅(しおがまこうえき)のあった海岸通に移転したものである。

目次

歴史編集

塩釜埠頭駅は日本鉄道1887年明治20年)に設置した塩竈駅を前身とする。ただし、この駅の名称や所在地については複雑な経緯がある。

東北本線や塩釜線の前身に当たる日本鉄道は明治時代中頃に東京から青森へ向けて鉄道の建設を進めた。福島県から宮城県にかけての鉄道敷設においては、塩釜港が資材の搬入に利用され、ここから鉄道が敷設されていった。この線路はそのまま営業線として1887年(明治20年)に開業し、この時に塩釜港に塩竈駅が置かれた。当時の塩竈駅は塩竈の中心駅であり、貨物のみならず旅客でも賑わっていた。しかし、1926年大正15年)に、後に仙石線となる宮城電気鉄道が開業すると、塩竈町内に本塩釜駅などの駅が開業し、そちらの方が列車の本数が多いこともあって旅客は宮城電気鉄道へ流れていった。また、後に塩竈駅から先に塩竈港駅が設置された。

東北本線はもともと利府を経由する路線だったが、ここに急な勾配が存在していたことから、太平洋戦争中に勾配の緩い新線が海沿いに建設された。この新線は「東北海岸線」や「海線」と呼ばれた。その後「山線」と通称された旧来の経路に替わって「東北海岸線」が東北本線のメインルートとなり、1956年昭和31年)に「東北海岸線」に塩釜駅が設けられた[1]。この時に、旧来の塩竈駅は塩釜港駅と名称を変えた。塩釜港駅に発着する旅客列車は帰省臨時列車を除いてなくなり、これ以後、塩釜港駅は貨物駅となった。塩釜港駅の駅舎には、旅客は本塩釜駅へ向かうようにと書かれたポスターが貼られていた。また、これと前後して貞山通にあった塩竈港駅の名称が塩釜埠頭駅に変更されている。

1981年(昭和56年)の仙石線の西塩釜 - 本塩釜 - 東塩釜間の高架複線化に伴い、本塩釜駅が塩釜港駅の敷地内に移転した。この工事に伴って塩釜港駅に残されていた日本鉄道塩竈駅以来の駅舎[2]が取り壊された。国鉄分割民営化直前の1986年(昭和61年)に、合理化のため塩釜港駅は貞山通の塩釜埠頭駅に統合されて廃止された。さらに民営化後の1990年平成2年)に塩釜埠頭駅は塩釜港駅があった海岸通に移転した。

こうして名称や所在地が変遷した塩釜埠頭駅は、取り扱い貨物の減少が続いたことから1994年(平成6年)に営業を休止し、1997年(平成9年)に廃止された。

所在地および名称の変遷編集

  • 当記事の本題の2つの駅のうち、海岸通に所在した駅を太字、貞山通に所在した駅を斜体 で表示した。
  • 同名の駅ごとに背景の色を統一した。
  • 駅がなかった期間は背景を灰色か銀色にした。
  • 駅の位置関係(西→東)に合わせて左→右に並べた。
各駅の所在地および名称の変遷
年月日 東玉川町
位置
本町1
位置
海岸通15 貞山通1
位置
位置 位置
1887年明治20年)12月15日


日本鉄道
塩竈駅

1909年(明治42年)10月12日 塩竈線
塩竈駅
1926年大正15年)12月15日 宮城電気鉄道
本塩釜駅
1933年昭和8年)9月25日 塩竈線
塩竈港駅
1944年(昭和19年)5月1日 仙石線
本塩釜駅
1956年(昭和31年)6月10日 塩竈線
塩釜埠頭駅
1956年(昭和31年)7月9日 東北本線
塩釜駅
塩釜線
塩釜港駅
1981年(昭和56年)11月1日
仙石線
本塩釜駅
1986年(昭和61年)10月21日
1990年平成2年)4月1日 塩釜線
塩釜埠頭駅

1997年(平成9年)4月1日

年表編集

  • 1887年(明治20年)12月15日 - 日本鉄道の塩竈駅一般駅)が開業。
  • 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定、塩竈線の駅となる。
  • 1933年(昭和18年)9月25日 - 塩竈線が塩竈港駅まで延伸。
  • 1956年(昭和31年)
    • 6月10日 - 塩竈港駅が塩釜埠頭駅に改称。
    • 7月9日 - 旅客営業廃止、塩釜港駅に改称。荷物・貨物営業のみの駅となる。塩竈線が塩釜線に改称。
  • 1965年(昭和40年)10月1日 - 貨物支線が塩釜魚市場駅まで開業。
  • 1978年(昭和53年)12月1日 - 塩釜魚市場駅までの貨物支線が廃止。
  • 1981年(昭和56年)11月1日 - 荷物の取扱を廃止(貨物駅となる)。仙石線本塩釜駅が塩釜港駅の敷地内に移転。
  • 1986年(昭和61年)10月21日 - 塩釜港駅が塩釜埠頭駅に統合・廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR貨物の駅となる。
  • 1989年(平成元年)3月11日 - コンテナ貨物の取扱を開始。
  • 1990年(平成2年)4月1日 - 旧・塩釜港駅の場所へ移転。
  • 1994年(平成6年)4月1日 - 営業休止。
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 廃止。

駅構造編集

旧・塩釜港駅部分編集

本塩釜駅のすぐ東側にあった地上駅。10数本の側線が敷設された操車場があり、その南側から塩釜埠頭駅へ向かう路線が、東側から日本配合飼料塩竈工場へ続く専用線が分岐していた。操車場の南西側には、2面2線の貨物ホームがあった。

また、塩釜港駅が塩釜埠頭駅に統合された後も、塩釜埠頭駅の駅舎は旧・塩釜港駅の場所に置かれていた。

旧・塩釜埠頭駅部分編集

仙台塩釜港塩釜港区の貞山埠頭にあり、旧・塩釜港駅との間の路線から複数の専用線が分岐していた。埠頭に敷設されていた宮城県営公共臨港線や、日本セメント小野田セメントセメント貯蔵施設へ続く専用線、日本石油の油槽所へ続く専用線などがあった。

このほか、海岸線に沿って敷設されていた出光興産大協石油など8社が共用し、各油槽所へ続き石油類の輸送を行っていた専用線もあったが、1987年(昭和62年)3月に昭和シェル石油からの輸送が終了し廃止された。

なお、上記路線がすべて廃止され塩釜埠頭駅の実態が無くなったことにより、営業キロ上の塩釜埠頭駅が旧・塩釜港駅に移転した。

取扱貨物編集

※休止直前のもの。

駅周辺編集

隣の駅編集

日本貨物鉄道
塩釜線(廃線)
陸前山王駅 - 塩釜埠頭駅
日本国有鉄道
塩釜線(支線・廃線)
塩釜港駅 - 塩釜魚市場駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『塩竈市史2』本編2、641-643頁。
  2. ^ 2006年(平成18年)に東日本旅客鉄道(JR東日本)仙台支社によって行われた本塩釜駅新駅舎開業25年記念のイベントではこの駅舎の写真も使って行われた。

参考文献編集

  • 塩竈市史編纂委員会 『塩竈市史2』本編2 塩竈市、1986年。

関連項目編集