国道192号標識

境目峠(さかいめとうげ)は、徳島県三好市池田町佐野と愛媛県四国中央市川滝町境目の県境に位置するである。標高381m。

境目峠
所在地 日本の旗 日本
徳島県三好市愛媛県四国中央市
標高 381 m
山系 四国山地
通過路 国道192号
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
境目峠の位置(日本内)
境目峠
境目峠

概要編集

国道192号の旧道峠である。峠からは瀬戸内海一円が見わたせる。県境には1917年大正6年)に徳島県三好郡が建立した石碑があり、「従是東徳島縣三好郡」と彫ってある。

峠付近は、ヘアピンカーブの連続であり、冬季には積雪もあり交通の難所であったため、1970年昭和45年)に境目トンネル工事に着手し、1972年昭和47年)に開通[1]、また、2000年平成12年)には徳島自動車道新境目トンネルが開通した。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 松山工事四十年史、社団法人四国建設弘済会1985年10月発刊、331頁

関連項目編集