メインメニューを開く

増上寺徳川将軍墓とその遺品・遺体

増上寺徳川将軍墓とその遺品・遺体』(ぞうじょうじ とくがわ しょうぐんぼと その いひん いたい)は、1958年から1960年にかけて、増上寺徳川将軍家墓地の改葬に際して行われた、将軍家の人々の遺品や遺体の調査結果を、東京大学鈴木尚など、この調査に関わった研究者たちがまとめた報告論文集。鈴木尚、矢島恭介、山辺知行の共編で、1967年12月25日東京大学出版会から刊行された。

歴代の将軍の遺品、遺骨に関する様々な観点からの調査の報告は、医学人類学歴史学などの分野に貴重な資料となっている。

遺体・遺骨の調査を行った鈴木尚がのちにより一般向けに書いた『骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと』もある、増上寺の徳川将軍家墓地についてかなり詳しい情報を解説、巻末には発掘された遺骨や遺品などの写真が掲載された。

本書に登場する主な人々編集

徳川将軍家編集

書誌情報編集

  • 鈴木尚・矢島恭介・山辺知行 編『増上寺 徳川将軍墓とその遺品・遺体』(東京大学出版会、1967年12月25日、1997年11月25日ISBN 4-13-066051-9