メインメニューを開く

増本 勇(ますもと いさむ、1909年10月5日[1] - 1986年12月30日[2])は、日本中央競馬会栗東トレーニングセンターに所属していた調教師[1]。息子は同じ調教師の増本豊、兄弟は有限会社増本牧場代表の増本一男、娘婿瀬戸口勉(元調教師)である。

来歴編集

北海道出身[2]1936年京都競馬倶楽部所属の騎手となり[2]1938年に調教師免許を取得[1][2](当時は日本競馬会)。中央競馬では通算972勝を記録した[1][2]1986年2月に勇退[1][2]。同年12月30日、肺炎のため死去[2]

おもな管理馬編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 「ニュース&インフォメーション 小川佐助、増本勇両調教師が勇退」『優駿』、日本中央競馬会、1986年4月、 169頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 「ニュース&インフォメーション 増本勇元調教師死去」『優駿』、日本中央競馬会、1987年2月、 177頁。

関連項目編集