メインメニューを開く

増本 淳(ますもと じゅん、1976年 - [1])は、日本のテレビドラマ映画プロデューサー脚本家。元フジテレビジョン社員。

目次

人物編集

千葉県出身。早稲田大学理工学部を卒業後、2000年にフジテレビ(現:フジ・メディア・ホールディングス)入社[1]。数年間の演出補プロデューサー補を経て、2002年に『オカンは宇宙を支配する』で初プロデュース。

2007年には今までテレビドラマ化されていなかった『はだしのゲン』をテレビドラマ化させることに成功した。また、母校の早稲田大学などで外部講師として講義に参加したりしている。

2013年6月27日付でドラマ制作センターから部に改組主任兼プロデューサー。2015年1月からは編成制作局→編成局で編成部主任を務めた。

2019年1月8日付でフジテレビを退職。以後はフリーランスのプロデューサー、脚本家として活動予定[2]

担当作品(フジテレビ時代)編集

プロデュース編集

編成企画編集

編成編集

演出補編集

  • 救命病棟24時第2シリーズ(2001年)

プロデュース補編集

担当作品(フリー転身後)編集

同期編集

脚注編集

  1. ^ a b 第898号 Apr.27,2000、2000年4月27日、早稲田ウィークリー、早稲田大学学生部、2012年9月15日参照。
  2. ^ 「コード・ブルー」フジ増本淳プロデューサーが退職日刊スポーツ、2019年1月9日)
  3. ^ 初放送時には既にフジテレビを退職していたが、撮影・制作時に社員として同役割を担当していたため、そのままクレジット表記された。

外部リンク編集