増谷康紀

日本の男性声優 (1961-)

増谷 康紀(ますたに やすのり、1961年7月5日[8] - )は、日本男性声優ナレーター[3][4]北海道札幌市[1]雨竜郡妹背牛町出身[2]青二プロダクション所属[5]

ますたに やすのり
増谷 康紀
プロフィール
本名 増谷 康紀[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本北海道札幌市[1]
出身地 日本の旗 日本・北海道雨竜郡妹背牛町[2]
生年月日 (1961-07-05) 1961年7月5日(62歳)
血液型 O型[1]
職業 声優ナレーター[3][4]
事務所 青二プロダクション[5]
配偶者 あり
公式サイト 増谷 康紀|株式会社青二プロダクション
公称サイズ(時期不明)[7]
身長 / 体重 170[6] cm / 61 kg
靴のサイズ 25.0[6] cm
活動
活動期間 1990年代[8] -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

略歴

小学生の頃は雨竜郡妹背牛町に住んでいた[2]

物心がつく前の小さい頃、目立ちたがりだったようで、近所にあった祖父母の家に遊びに行き、雑誌に掲載されていた替え歌などを、こたつの上にあがり、歌っていたという[9]。その時は全然覚えていないが、心の奥底には人前で何かをして見せることへの喜びが残っていたかも知れないという[9]。小学・中学・高校の頃は、特に趣味も持たなかった地味な子供で、いじめもあっていたという[9]

アニメ特撮については子供の時から好きだった[10]

しかし好きなことと仕事は別と思い、北海道大学工学部精密工学卒業[1]後、声優になる前は東芝半導体事業部[1]会社員[8]として技術職をしていた[9][10]。その後、30歳を節目に「好きなことで勝負しないと勝てない」と思い、目指し方(養成所)のことが具体的に分かるなどが重なり、声優になることを決めた[10]

青二塾東京校14期生[5]。同期に神谷浩史稲田徹丹下桜豊嶋真千子らがいる。

同塾に入塾した当初、自己都合で退職する場合、職場に迷惑が掛からないよう、辞職を願い出てから1ヶ月間は、担当していた仕事の引継ぎなどをする事になっていたことから、養成所の入所オーディションを受ける[11]。その時に合格の発表をくれてから辞表を提出したため、1993年4月末のゴールデンウィーク前まで、東芝に通っていた[11]

アルバイトとしては、1年目は、台湾小料理の店をしていた[12]。その店は制服に特徴があり、デザインがほとんど、『ドラゴンボール』の亀仙流の服のようで背中に「」の一文字で、コスプレのようであったという[12]。その後、後述の通り、大学に劇団に所属していたため、その関係で回って来るアルバイトは、着ぐるみに入る仕事であった[12]。最初にしたのはハローキティの着ぐるみに入るアルバイトであった[12]戦隊ショーも何度かしており、『太陽戦隊サンバルカン』のバルシャークをしていた[12]

アニメでの初主演は『アミテージ・ザ・サード』のロス・シリバス役となる[13]

富士見二丁目交響楽団』のドラマCDで主役の一人桐ノ院圭を演じ、そのファンの集いにて出会った桐ノ院ファンの女性と交際し結婚、その経緯について同CDフリートークにて明かしている。

アマチュア時代からニフティサーブのアニメフォーラムで「ニンジャマスター」のハンドルネームで活動していた。

人物

なかなかの美声の持ち主[13]。声優としては、多数のアニメ、ゲーム、洋画、CDドラマに出演し幅広い役柄を演じている[8][3]。一方、ナレーターとしては、多数のテレビ番組にも出演している[3]

大学生時代はアニメ研[13]、劇団に所属していた[14][15]。その時は高校時代からの同級生だった女の子が演劇が好きなだけなのだが、劇団に入団しよかようかどうか決めかねていると言うのを聞いていた[15]。その時期、その人の事を憎からず思っており、「自分が先に入って誘えば、その人も決心がつくのではないか」と考えたこと、受験で抑圧されていた反動で、勉強以外の、新しい何かを始めたいと思ったためであった[9][15]。入団した後に何度が誘ったが、その女の子は、健康上の理由で入団するのを断念してしまったという[15]。その時は約4年間演劇をしていたという[9]

趣味はパソコン[5]。特技はモノマネ[1]日本漢字能力検定2級、日本語検定1級、基本情報技術者試験(旧:2種情報処理技術資格)の資格を取得している[5]

2つ違いの兄がいる[16]

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1993年
  • SLAM DUNK(武里の監督、小池〈3代目〉)
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
  • 機巧奇傳ヒヲウ戦記(タンドリー)
  • ONE PIECE(2000年 - 2024年、エド、ヨーキ、ジェロニモ、ビリー、ディスコ[17]、ジャンバール[18]、マクガイ[19]、ヤマカジ[20]、ユキムラ、ジャルマック聖[21]、五老星、海王類〈マダラ〉、ミロ〈ワンポコ〉、ドラッグ・ピエクロ、ラーメン王[22]、ガゼルマン、ごろ兵衛、ハンジ、弥太っぺ、アンドレ、四鬼 他)
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年
2024年

劇場アニメ

1994年
1995年
1996年
1997年
2001年
2002年
2009年
2010年
2012年
2013年
2014年
2015年
  • PERSONA3 THE MOVIE #3 Falling Down(桐条武治)
2016年
2017年
2019年
2022年

OVA

1990年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
2001年
2002年
2003年
2008年
2011年

Webアニメ

ゲーム

1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年
2024年

ドラマCD

BLCD

  • 裏刀神記(比良坂綱家/園田涼太郎)
  • Angel's Featherシリーズ(水落瀬那)
  • お手討ち覚悟!(アルフレッド理事長)
  • 疵 スキャンダル(桐原晃司)
  • こいきな男らシリーズ(伊達悟)
  • 富士見二丁目交響楽団桐ノ院圭
  • Black or White(高遠俊一)
  • 淫らな罠に堕とされて(鈴本達也)

ラジオドラマ

  • 青山二丁目劇場
    • 運命というやつ(2011年) - 占い師
    • 指示待ち人間のどこが悪い!(2011年) - 広田課長
    • キューピッドは結婚詐欺師(2012年) - 早川武彦
    • 柱時計(2012年) - 執事
    • すいません、私はもうすぐ着きます(2013年) - ポンチャイ
    • サバイバーズ・ギルト(2013年) - 医師
    • ひび割れたフルムーン(2013年) - 和也
    • 未来の息子(2013年) - 理子の父
    • おばあちゃんと一緒に(2014年) - 伊曽保
    • カーテンと小説の向こう(2015年) - 浅田
    • 桜並木(2015年) - 父
    • 左腕の幽霊(2015年) - 医者
  • 花の慶次 -雲のかなたに-(2012年) - 佐々成政
  • 大英博物館展連動企画「モノが語る世界の歴史」(2015年、NHK) - ニール・マクレガーの声

吹き替え

映画

ドラマ

アニメ

人形劇

テレビ番組

特撮

ナレーション

ボイスオーバー

キャラクターソング

  • 『デジモンアドベンチャー好敵手キャラソングファイル』(エテモン)「ラブセレナーデ」※2000年
  • キン肉マンII世シリーズ(ガゼルマン)「ガゼルマンの叫び」
    • 『キン肉マンII世 キャラクターソングコレクション新世代正義超人の歌』※2002年
    • 『キン肉マンII世 マッスルベスト』※2002年
    • 『キン肉マンII世 The Perfect Collection』※2008年
  • 『 Memories 』 Angel's Feather キャラクターソング(水落瀬那×千倉杏里)※2006年

CM

その他コンテンツ

脚注

注釈

  1. ^ スーパードラゴンボールヒーローズ ユニバースミッション2弾まではライブラリ出演で山口健が担当していたが、ユニバースミッション3弾から登場した四星龍・ゼノを増谷が担当し、その際に通常の四星龍のボイスが増谷が担当することで変更された。

シリーズ一覧

  1. ^ 第3シリーズ『S』(1994年)、第4シリーズ『SuperS』(1995年)
  2. ^ 第1期(2002年)、第2期『ULTIMATE MUSCLE』(2004年)、第3期『ULTIMATE MUSCLE2』(2006年)
  3. ^ 第1期(2004年)、第2期『エクセリオン』(2005年)
  4. ^ 第1期(2017年)、第2期『2nd Season』(2022年)、第3期『3rd Season』(2024年)
  5. ^ 第2期『-鷲尾須美の章-/-勇者の章-』(2017年 - 2018年)、第3期『-大満開の章-』(2021年)
  6. ^ シーズン1/パート2(2019年)、シーズン2/パート1(2023年)
  7. ^ 『真・三國無双2』(2001年)、『猛将伝』(2002年)
  8. ^ 『真・三國無双3』(2003年)、『猛将伝』(2003年)、『Empires』(2004年)
  9. ^ 『真・三國無双4』(2005年)、『猛将伝』(2005年)、『Empires』(2006年)
  10. ^ 『Vol.2 君想フ声』(2006年)、『Last Recode』(2017年)
  11. ^ 『SPIRITS』(2007年)、『WARS』(2009年)、『WORLD』(2011年)、『OVER WORLD』(2012年)、『GENESIS』(2016年)
  12. ^ 『真・三國無双5』(2007年)、『Empires』(2009年)
  13. ^ 『真・三國無双6』(2011年)、『Special』(2011年)、『猛将伝』(2011年)、『Empires』(2012年)
  14. ^ 『無双OROCHI 2』(2011年)、『Special』(2012年)、『Hyper』(2012年)、『Ultimate』(2013年)
  15. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』、『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』シリーズ(第1作、2、X)、『スーパードラゴンボールヒーローズ
  16. ^ 『真・三國無双7』(2013年)、『猛将伝』(2013年)、『Empires』(2014年)
  17. ^ 『無双OROCHI 3』(2018年)、『Ultimate』(2019年)

出典

  1. ^ a b c d e f g 自己紹介”. 増谷康紀ホームページ. 2019年10月19日閲覧。
  2. ^ a b c 「バリバリバリトン・エッセイ」『小説JUNE』No.93(1998年3月号)、サン出版、1998年3月1日、101頁。 
  3. ^ a b c d 増谷 康紀”. タレントデータバンク. 2019年10月19日閲覧。
  4. ^ a b 増谷康紀(@y_masutani)さん Twitter”. 2019年10月19日閲覧。
  5. ^ a b c d e 増谷 康紀|株式会社青二プロダクション”. 2019年10月19日閲覧。
  6. ^ a b 青二プロダクション 増谷康紀(Wayback Machineによるアーカイブ)”. 2019年7月28日閲覧。
  7. ^ 増谷康紀” (PDF). 青二プロダクション公式サイト. 青二プロダクション. 2012年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月4日閲覧。
  8. ^ a b c d 増谷 康紀”. エキサイトニュース. エキサイト. 2024年2月10日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 「バリトン・エッセイ」『小説JUNE』No.80(1996年8月号)、サン出版、1996年8月1日、50頁。 
  10. ^ a b c y_masutaniの2015年3月23日のツイート2022年2月4日閲覧。
  11. ^ a b 「バリバリバリトン・エッセイ」『小説JUNE』No.151(2003年12月号)、サン出版、2003年12月1日、300頁。 
  12. ^ a b c d e 「バリバリバリトン・エッセイ」『小説JUNE』No.89(1997年11月号)、サン出版、1997年11月1日、67頁。 
  13. ^ a b c 小川びい『こだわり声優事典'97』徳間書店〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、128頁。ISBN 4-19-720012-9 
  14. ^ y_masutaniの2015年4月7日のツイート2024年3月1日閲覧。
  15. ^ a b c d 「バリバリバリトン・エッセイ」『小説JUNE』No.95(1998年5月号)、サン出版、1998年5月1日、143頁。 
  16. ^ 「バリバリバリトン・エッセイ」『小説JUNE』No.88(1997年10月号)、サン出版、1997年10月1日、105頁。 
  17. ^ ディスコ”. ONE PIECE.com. 2016年6月14日閲覧。
  18. ^ ジャンバール”. ONE PIECE.com. 2016年6月14日閲覧。
  19. ^ マクガイ”. ONE PIECE.com. 2016年6月14日閲覧。
  20. ^ ヤマカジ”. ONE PIECE.com. 2016年6月14日閲覧。
  21. ^ ジャルマック”. ONE PIECE.com. 2016年6月14日閲覧。
  22. ^ 明日16日(日) 朝9時半からフジテレビ系で放送のワンピース第889話「遂に開幕!陰謀渦巻く世界会議」で、五老星とラーメン王をやっております。”. 増谷康紀 Twitter (2019年6月15日). 2019年6月17日閲覧。
  23. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. キン肉マンII世. 東映アニメーション. 2022年7月22日閲覧。
  24. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. キン肉マンⅡ世 アルティメットマッスル. 東映アニメーション. 2022年7月22日閲覧。
  25. ^ キン肉マンII世 アルティメットマッスル2”. あにてれ :テレビ東京公式アニメサイト. テレビ東京. 2023年5月6日閲覧。
  26. ^ 掲示板過去ログ 2001.10.3-2002.1.23”. 増谷康紀ホームページ. 2004年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月28日閲覧。
  27. ^ 出演作品”. 増谷康紀ホームページ. 2020年4月17日閲覧。
  28. ^ スタッフ&キャスト”. TV東京・Anime X-press トランスフォーマー スーパーリンク. 2007年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月15日閲覧。
  29. ^ スタッフ&キャスト”. TVアニメ「銀の匙」 公式サイト. 2013年5月24日閲覧。
  30. ^ キャスト”. TVアニメ エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜. 2014年1月30日閲覧。
  31. ^ キャラクター 宇宙サバイバル編 第6宇宙”. ドラゴンボール超 東映アニメーション. 2023年1月9日閲覧。
  32. ^ a b キャラクター 宇宙サバイバル編 第9宇宙”. ドラゴンボール超 東映アニメーション. 2023年1月9日閲覧。
  33. ^ スタッフ&キャスト”. TVアニメ「あそびあそばせ」公式サイト. 2018年4月28日閲覧。
  34. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎』第43話「永遠の命おどろおどろ」より先行カット到着! 遺伝子研究者の小野崎は、不死の細胞を作って自分の体で実験して……”. アニメイトタイムズ (2019年2月9日). 2019年2月9日閲覧。
  35. ^ “「このすば」爆裂魔法を習得しためぐみん 新キャストにファイルーズあい&増谷康紀”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年5月13日). https://natalie.mu/comic/news/524446 2023年5月13日閲覧。 
  36. ^ y_masutaniの2023年10月27日のツイート2023年10月29日閲覧。
  37. ^ ゲゲゲの鬼太郎 妖怪特急! まぼろしの汽車”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  38. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. キン肉マンⅡ世 マッスル人参争奪! 超人大戦争. 東映アニメーション. 2022年7月24日閲覧。
  39. ^ 『smart特別編集 CYBORG009 CALL OF JUSTICE サイボーグ009パーフェクトムック』宝島社、2017年1月5日、29頁。ISBN 978-4-8002-6518-0 
  40. ^ 戦場のヴァルキュリア3 誰がための銃瘡”. メディア芸術データベース. 2016年12月4日閲覧。
  41. ^ 追加キャラクター第五弾解禁!!”. アニメ「ケンガンアシュラ」公式サイト. 2019年9月30日閲覧。
  42. ^ 電撃PlayStation』Vol.541、アスキー・メディアワークス、2013年4月25日。 
  43. ^ 週刊ファミ通』2012年12月20日増刊号より。
  44. ^ 『電撃PlayStation』Vol.534 2013年1月17日号
  45. ^ キャラクター”. 真・三國無双7 猛将伝. 2013年8月29日閲覧。
  46. ^ 第4弾 塾生&講師陣 大集合!PV”. 魁!!男塾 〜日本よ、これが男である!〜. 2014年2月1日閲覧。
  47. ^ キャラクター”. シャイニング・レゾナンス 公式サイト. 2014年10月20日閲覧。
  48. ^ 『電撃PlayStation』Vol.569、アスキー・メディアワークス、2014年6月26日。 
  49. ^ キャラクター”. 討鬼伝 極. 2014年7月3日閲覧。
  50. ^ キャラクター”. エスカ&ロジーのアトリエ Plus 〜黄昏の空の錬金術士〜. 2014年12月1日閲覧。
  51. ^ CHARACTER”. ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン. バンダイナムコエンターテインメント. 2015年12月23日閲覧。
  52. ^ 坂本武郎(編)「続報 テイルズ オブ ゼスティリア」『週刊ファミ通』2015年1月1・8・15日合併号、KADOKAWA、2014年12月18日、85頁。 
  53. ^ 『デジモンストーリー サイバースルゥース』若本規夫さん、沢城みゆきさんらが演じるキャラクターを紹介”. ファミ通.com. 2015年2月25日閲覧。
  54. ^ 『週刊ファミ通』2016年7月14日号、KADOKAWA、2016年6月30日。 
  55. ^ キャラクター”. 真・三國無双8 公式サイト. コーエーテクモゲームス. 2018年4月22日閲覧。
  56. ^ キャラクター”. 真・三國無双8 公式サイト. コーエーテクモゲームス. 2018年4月22日閲覧。
  57. ^ Character”. 【魔女の泉3 Re:Fine】. 2020年10月8日閲覧。
  58. ^ 新キャラクター登場” 2021年5月12日閲覧。
  59. ^ キャラクター”. クッキーラン:キングダム. 2021年9月4日閲覧。
  60. ^ 『コトダマン』×『デジモンアドベンチャー』コラボ開催!!”. 【公式】共闘ことばRPG コトダマン. MIXI (2023年10月25日). 2023年10月25日閲覧。
  61. ^ p_kouhouの2024年1月7日のツイート2024年1月8日閲覧。
  62. ^ 映画 真・三國無双 DVD”. TCエンタテインメント. 2021年11月10日閲覧。
  63. ^ スピード”. 金曜ロードSHOW!. 2016年8月4日閲覧。
  64. ^ 作品情報 ロミオ・マスト・ダイ”. ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント. 2023年7月6日閲覧。
  65. ^ Twitter / uchukeijinext: 【GNS速報!!】声の出演者が発表! 『宇宙刑事シャリバン…”. 2014年7月1日閲覧。
  66. ^ Twitter / y_masutani:今日は1万3千歩歩いてきました。そして…”. 2014年10月14日閲覧。

外部リンク