メインメニューを開く

増野 匡彦(ましの ただひこ、1955年-)は、日本薬学者。元慶應義塾大学薬学部学部長、専門は生物有機化学。現在は、慶應義塾常任理事を務めている。

増野 匡彦
生誕 1955年
居住 日本の旗 日本
研究分野 生物有機化学
研究機関 東京大学共立薬科大学慶應義塾大学
出身校 東京大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

人物編集

教育者として様々な薬学部生向けの教科書・参考書の執筆に関わっている。

共立薬科大学が慶應義塾大学に吸収され、同大薬学部の教授に就任した時から、「薬学研究と経営の両方に精通している人材の育成が重要だ」と唱え、薬学部から経営者を輩出することの重要性を訴えていた。その結果、2013年度より、薬学部薬科学科では慶應義塾大学大学院経営管理研究科とのジョイントディグリー制度を制定した。これにより、慶大薬学部生は卒業後、経営管理研究科に進み、2年間でMBA(経営学修士)を取った後薬学研究科に入学し、最短1年で薬科学の修士を取得できるようになった。これにより薬科学研究科では3年間で薬科学とMBAの両方を取得できるようになった。

略歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目編集

外部リンク編集