墨俣町

日本の岐阜県安八郡にあった町

墨俣町(すのまたちょう)は、かつて岐阜県安八郡にあった

すのまたちょう
墨俣町
廃止日 2006年3月27日
廃止理由 編入合併
上石津町墨俣町大垣市
現在の自治体 大垣市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
安八郡
団体コード 21384-5
面積 3.39km2
総人口 4,617
国勢調査、2005年)
隣接自治体 岐阜市羽島市瑞穂市
安八町
町の木 サツキ
墨俣町役場
所在地

503-0192
岐阜県安八郡墨俣町大字上宿473番地の1

Sunomata Town Office01.jpg
墨俣町役場(2005年3月撮影)
外部リンク 墨俣町
座標 北緯35度21分35.1秒
東経136度40分54.1秒
墨俣町の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

永禄10年(1567年)の織田信長による美濃攻めの際、家臣であった木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が一夜にして城を築いたという故事「墨俣一夜城」で知られる。2006年(平成18年)3月27日に養老郡上石津町とともに大垣市に編入された。編入後は大垣市の地域自治区「墨俣町地域自治区」となっている。

地理編集

編入先の大垣市とは隣接していないため、同市の飛び地となった。なお、同様に編入された上石津町もやはり飛び地となった。

隣接していた自治体編集

歴史編集

年表編集

  • 1889年(明治22年)7月1日 - 町村制施行により墨俣村が成立。
  • 1894年(明治27年)9月24日 - 町制施行により墨俣町となる。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 墨俣町・西橋村下宿村二ツ木村が合併して墨俣町となる。
  • 1929年(昭和4年)1月 - 犀川事件が勃発する。
  • 1957年(昭和32年) - 昭和の大合併として大垣市への編入合併を議決して岐阜県に申請したが、飛び地であることを理由に認められなかった。
  • 2006年(平成18年)3月27日 - 上石津町とともに大垣市に編入された。

日本一面積の小さい市町村編集

2006年3月1日にこれまで日本一面積の小さい市町村であった高知県赤岡町(現:香南市)が合併で廃止したため、墨俣町が日本一面積の小さい市町村となった。なお、墨俣町は同月27日に大垣市に編入したため一番だった期間は26日間である。かわって富山県舟橋村が日本一面積の小さい市町村となった。

行政編集

  • 町長:栗田金一(1996年6月30日 - 2006年3月27日)
    • 2000年(平成12年)1月には九州への視察旅行の際にストリップ劇場に入店したことが問題となったが、同年の町長選挙では無投票で再選されている。

教育編集

小学校編集

中学校編集

交通編集

町内に鉄道路線はなかった。

路線バス編集

道路編集

町内に高速道路や一般国道はなかった。

主要地方道

一般県道

娯楽編集

  • 盛栄座 - 映画館

名所・旧跡・観光スポット編集

 
義円公園入口

関連項目編集