メインメニューを開く
本来の表記は「士蔿」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

士 蔿(し い、生没年不詳)は、中国春秋時代政治家子與。士氏の祖。祖父はに仕えた杜伯、父は隰叔士缺(士成伯)、士縠の父、士会の祖父。武公献公に仕えて晋の発展の基礎を築いた。

晋公室から絶大な信頼を寄せられ、宗家の威勢を脅かし始めた桓叔荘伯を祖とする公族を滅ぼしてその功績で献公より大司空に任ぜられて辣腕を振るった。大司空という役職は後にも先にも士蔿のみが任じられたもので、事実上の宰相職である。

また、法にも明るかった事から、晋の国法『士蔿の法』を定め、後に孫の士会が定めた『范武子の法』と並んで、長く尊重された。さらに、晋の太子申生中国語版を「太伯同様亡命すべきです。」諌めたこともある[1]

驪姫の乱』が起こると「一つの国に三人の君主がいる。私は誰に仕えればよいのか?」と言って致仕した。

脚注編集

  1. ^ 史記』晋世家より。