メインメニューを開く

壬生川通(みぶがわどおり[1])または壬生通(みぶどおり)は京都市内を通る南北の通りの一つである。

平安京の壬生大路に相当する。

目次

概要編集

京都市中京区の壬生地区を抜ける広い通りであるが、戦時の空襲に備えた強制疎開により拡張された通りである為に、所々クランクになっている所がある。

北は後院通の壬生車庫前交差点から始まり、JR線の中断を経て東寺の西側を通って、九条通と交わる京阪国道口交差点にて終わり、そのまま国道1号京阪国道)につながる。早朝・深夜のみ国道1号に直進出来る。

全ての区間を通して壬生川通と壬生通の名は併用されるが、道路標識によると特にJR線以北を壬生川通、JR線以南を壬生通とよんでいる。

沿道の主な施設編集

交差する主要な道路編集

脚注編集

  1. ^ 京都市内の通りの名称は「通」となっていて「り」を送らない。例外として道路標識では「通り」として送る表記を採用しているが、印刷資料で送るものは極めて珍しい。京都市内の通り#表記参照

関連項目編集

京都市内の南北の通り
西隣の通り
坊城通
北は 後院通 まで 東隣の通り
櫛笥通
壬生川通
南は 九条通 まで